今回確認されたヒアリ(環境省提供)

写真拡大

京都府は2017年10月14日、府内の向日(むこう)市で10月12日に見つかったアリについて、専門家がヒアリだったと確認したことを発表した。

確認されたのは、女王アリや卵、サナギを含む約2000匹。既に殺虫の措置を取ったという。現段階でヒアリが定着、飛散している可能性は低いとしている。

これらのヒアリは9月23日、中国・海口港を出港して10月3日に大阪港に陸揚げされ、12日に陸路で向日市内の倉庫に運ばれた貨物コンテナの内部から発見された。

環境省によるとヒアリは、2017年6月に国内で初めて確認された。10月14日現在、12都府県で計22例が報告されている。