リーグ優勝決定シリーズ第2戦、延長戦突入に備えるもサヨナラ勝ちで出番は訪れず

 米大リーグのドジャース・前田健太投手は、ポストシーズン(PS)では先発からリリーフに配置転換となった。ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦から3試合連続で登板し、3イニングで打者9人を凡退に打ち取る“パーフェクトリリーフ”を披露。米メディアはポストシーズン無傷の5連勝中のドジャースで前田、守護神ケンリー・ジャンセン投手ら最強ブルペンを「シャットダウン・トリオ」と命名している。

 15日(日本時間16日)に行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第2戦、前田に出番はやってこなかった。1-1で迎えた9回裏、2死二、三塁の場面でドジャースの主砲ジャスティン・ターナーが劇的な決勝3ランを放った瞬間、前田は10回表の出番に備えて、ドジャースタジアムのブルペンで肩を温めていた。

 サヨナラ勝ちに、ホームベース上で歓喜の雄叫びを上げるダルビッシュ有投手ら同僚が繰り広げる“祝祭”には間に合わなかったが、前田の評価はアメリカで急上昇している。

 米ニュースメディア「ザ・リンガー」は、「9月末にブルペンに加わると、ファストボールの球速を時速3マイルも上昇させた。彼は今や、ポストシーズンで対戦した打者9人を全員打ち取っているのだ。4三振を奪い、(球数の)4分の3がストライクだ。そして、土曜日の試合も含めて2勝を手にしている」と報じている。

モロー、守護神ジャンセンと鉄壁の救援トリオを形成

 記事では、前田の球速データを紹介。今季レギュラーシーズンのファストボールの平均球速は91.96マイル(約148キロ)だったが、PSでは95マイル(約153キロ)までアップしているという。球威を増した速球に加え、スライダーなど変化球の切れ味も抜群で、圧倒的な投球でリリーバーとして評価を高めている。

「前田とブランドン・モロー、そして、クローザーのケリー・ジャンセンとともに、ドジャースは今やブルペンに“シャットダウン・トリオ”を手にしている。彼らの対戦相手(カブス)のリリーフ陣はウェイド・デービス以外、壊滅状態なのに」

「ザ・リンガー」は、上原浩治投手を体調不良で欠くなど失点が続くカブスのリリーフ陣と比較し、ドジャースの救援トリオの鉄壁ぶりを称賛している。

 この日は延長戦突入に備えていた前田に登板機会は訪れなかったが、モローとジャンセンはきっちりと無失点で仕事をこなした。牙城を築く“シャットダウン・トリオ”の一角として、「マエケン株」がアメリカでさらなる急騰を見せている。