血液型【政治家になったら】あるある B型はお騒がせ議員、AB型は無所属で戦う!?

写真拡大

 衆議院が解散し、選挙が近づいています。いきなり新党を発足する人がいたり、それに怒って分派する人が出たりと、選挙をめぐっていろいろとドラマティックなことが起きています。もしもあなたが政治家になったら、どうなるのでしょうか。血液型別にみていきましょう。

■A型……地元を愛する政治家
 コツコツと地道に努力するA型。地元で地盤をしっかり固める政治家となるでしょう。たとえば、地元の特産品の売上アップや、新幹線などもっと交通の便をよくすることに尽力します。全国的な知名度はありませんが、地元では「この人なら何とかしてくれる!」「地元を活性化させてくれる!」と、地元の人たちの思いを一身に背負うでしょう。

■B型……失言が目立つお騒がせ政治家
 熱い心を持つB型は、国会でも熱弁をふるいます。しかし、力が入り過ぎて、つい失言をしてしまうでしょう。きわどい野次を飛ばしたりする可能性大。肝心の政策よりも、失言のほうが注目されることに……。失言を謝罪するため会見を開く羽目になったり、SNSが炎上したりと、お騒がせ議員になるかもしれません。

■O型……出世を望む政治家
 使命感の強いO型は、政治家になったからには大きなことをしたいと思います。それには、重要なポストにつくことが大事。まずは、党内で力のある派閥に属することから始めるでしょう。派閥のリーダーにかわいがってもらえるようご機嫌とり。その甲斐あって、やがて大臣にまで登りつめ、将来の総理大臣候補と言われるようになるでしょう。

■AB型……どこにも属さない孤高の政治家
 型破りなAB型。既存の大きな政党では、自分の政策を実現できないと、無所属で立候補。斬新な政策で注目され、マスコミでも取り上げられるほどになるでしょう。一緒に新党を結成しないかという誘いもたくさんありますが、群れるのは性に合わないからと、孤高の議員としてコツコツ活動するスタイルを貫きます。

 先行き不透明の日本の政治がどうなっていくのか……。不安ではありますが、いい世の中になるよう、選挙では志が高く、実行力のある人に一票を投じたいものですね。
(紅たき)※画像出典/shutterstock