桐谷美玲主演映画『リベンジgirl』の第3弾キャストとして、竹内愛紗の出演が発表された。

参考:鈴木伸之、映画『リベンジgirl』で桐谷美玲の相手役に 馬場ふみか、清原翔、佐津川愛美も出演決定

 本作は、誰もが羨む才色兼備、だが極度の性格ブスで自分だけがこのことに気がついていない”イタイ女”宝石美輝が、振られた相手を見返すため総理大臣を目指すラブストーリー。主人公・美輝を2年ぶりの映画主演となる桐谷が演じるほか、劇団EXILEの鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、佐津川愛美、大和田伸也らが出演する。『植物図鑑 運命の恋、拾いました』の三木康一郎が監督を務める。

 本作で銀幕デビューを果たす竹内が演じるのは、桐谷演じる美輝の妹・美咲。地元福島で現在所属している事務所からスカウトされた竹内は、今年3月「Y!mobile」のCMに出演し、芸能界デビュー。その後も、『週刊ヤングジャンプ』の表紙、ドラマ『明日の約束』での連続ドラマデビューなど活躍の場を広げている。

 竹内が演じる美咲は、破天荒な姉・美輝の唯一の理解者であり、美輝の暴走を冷静にたしなめる、冷静沈着な大人びた役柄。映画デビューについて、竹内本人と三木監督からのコメントも公開されている。

【竹内愛紗 コメント】憧れの桐谷美玲さんの妹役をやらせて頂くことになり、驚きと喜びでいっぱいです。私が演じる美咲は、美玲さん演じる宝石美輝の妹で、自信過剰な姉とは正反対の、真面目で冷静な妹という役どころです。実際に私も兄がいて、兄との関係性はお互いに家ではOFFモードな部分があるので、リアルな姉妹感を出すために、宝石美咲として姉が気を許してくれるようなOFF感を出せたらいいなと思い、日々研究の毎日です。撮影では、最初は緊張してしまい体も固まったりしてしまいましたが、三木監督が、ほとんど経験のない私に撮影の順序から、優しく丁寧に教えてくださり、安心して撮影に臨んでいます。美玲さんは、撮影の途中にアドバイスをくださったり、空き時間にお話をしたり、本当のお姉ちゃんのようで、撮影が楽しいです。

【三木康一郎監督 コメント】竹内さんに初めて会った時、僕のくすんだ心が一気に晴れたような感覚になったのを覚えています。

(リアルサウンド編集部)