作家の本田健氏が「秋の開運読書術、行楽、芸術鑑賞

写真拡大

 大ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』をはじめ、『強運を呼び込む51の法則』など、お金と幸せに関する数多の著書を持つ作家の本田健さんは、秋は新たなことを始めることで運気UPする季節だという。

 どんなことを始めるのがオススメだろうか? 秋の夜長は読書にぴったり。運気UPへ本を手に入れてみては? では、どんな本を読めば、開運につながるのだろうか。

「この機会に自分が憧れている人、理想の生き方をしている人の本を読んでください。オードリー・ヘプバーンが好きなら、オードリーの伝記を読んでみる。本人のようにはなれなくても、読むことで、その人の“エキス”が自分の中に入ってきます。例えばオードリーのエキスを自分に1滴垂らしたら、もっと自分をエレガントに表現できたり、家事や仕事もまるで映画のワンシーンのように楽しめたりできそうでしょう? 憧れの人からエネルギーをもらうことで運が上がっていくんです」(本田さん、以下同)

 読む場所も、大切な要素のひとつ。

「家の中や近所の図書館ではなく、自分が素敵だなと思う人がたくさんいそうなカフェで読みましょう。気持ちがグッと上がり、開運につながります。とくに普段はあまり遠出をしない主婦のかたにはおすすめですね」

 さらに、行楽も吉だ。

「日帰り旅行やレジャーに行くなら、ディナー同様ぜひ旦那さんとご一緒に」

 会話することもほとんどないし、今さら一緒に出かけるなんて…と思う人も多いかもしれないが、そんな関係ならば、なおさら秋の旅行が開運のきっかけになる。

「長年セックスレスで会話もない夫婦は、セクシュアルな関係からゼロ地点まで戻ったということ。つまり、つきあい始める前に戻ったと考えて、『出会い直し』をする必要があります。何も遠くに行く必要はありません。昔デートした公園に行ってみてもいいし、お茶を飲みにいくだけでもいいと思います。

 1人で出かける時や友達と集まる時は、生命力とワクワクする気持ちがあふれている場所を選びましょう。例えば流行っているスイーツ店の行列やにぎやかなショッピングモール、ディズニーランドのゲート付近や空港などがおすすめです」

 また、芸術の秋を堪能するのも◎!

「運気をアップさせるためには、普段から一流のものに触れること。各地で展覧会が開催される秋こそ、美術館で一流の絵画や彫刻を鑑賞するのにピッタリの季節です。一流といわれるホテルやブティックに足を踏み入れ、洗練された調度品に触れるのもいいでしょう」

 仕事運を高めたいならば、実際に自分で絵を描いてみたり、エッセイや小説を書いてみたりすることが効果的である。

「作家や画家でなくとも、一つの作品を作り上げることは、自分をレベルアップさせることにつながります。また、その作品を懸賞に応募したり、友達に読んでもらうことで、さらに運を引き寄せることができます。

 思わぬところから仕事の話につながったり、新しい人間関係ができたりするのです。私の作家としての活動は、自分の書いたものをホチキス留めをして小冊子にしてみんなに配るところから始めました。何事もやってみることが大事です。

 すぐに始めるのが難しければ、美術館のワークショップや作家のサイン会に行ってみるなど、憧れている世界に触れるだけでもその場に漂う良い“気”をもらうことができます」

※女性セブン2017年10月26日号