画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LIFULL(ライフル)はこのほど、「2017年上半期 新築分譲マンション・一戸建て 人気物件ランキング」を発表した。集計期間は2017年1月1日〜6月30日。対象物件は期間中に「LIFULL HOME'S」に掲載された全国の新築分譲マンション及び一棟リノベーションマンション全2,175件。

○新築分譲マンション1位「ザ・タワー横浜北仲」

新築分譲マンションの人気物件ランキングで全国1位となったのは、三井不動産レジデンシャル・丸紅の「ザ・タワー横浜北仲」(神奈川県横浜市中区北仲通5丁目)。みなとみらい線「馬車道」駅直結、地上58階建て、1,176戸のタワーマンションで、横浜の中心エリアに位置。駅直結で住宅・商業一体の大規模複合開発であることから、横浜の新たなランドマークとして注目度が高いという。

2位は「シティタワー大井町」(東京都品川区大井町1丁目)、3位は「DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)」(東京都中央区晴海3丁目)。このほか、5位に福岡県の「ザ・パークハウス 赤坂タワーレジデンス」(福岡市中央区長浜2丁目)がランクインし、首都圏以外で唯一トップ10入りを果たした。

新築分譲一戸建ての人気物件ランキングで全国1位となったのは、兵庫県の「ワールドヒルズ白金」(兵庫県川辺郡猪名川町白金3丁目)。ヨーロッパ風の街並みが特徴の全17区画の物件で、憧れの欧風住宅での暮らしを実現できるという。

2位は「TAKANAWA 高輪の邸」(東京都港区高輪2丁目)、3位は「世田谷区成城5丁目新築一戸建て」(東京都世田谷区成城5丁目)。今回は成城・高輪・南麻布といった東京の高級住宅地や神奈川県などの首都圏の物件が多く、同社は「高級住宅地への憧れが高まっていると言える」と分析している。