アップルとサムスンのスマートフォンの自撮り機能を比較した検証結果を中国の各メディアが15日に伝えた。資料写真。

写真拡大

アップルとサムスンのスマートフォンの自撮り機能を比較した検証結果を中国の各メディアが15日に伝えた。

記事は海外のスマートフォン関連メディアの検証結果を引用しており、アップルのiPhone8とサムスンのギャラクシーS8を使い、屋外や室内など四つのシチュエーションで自撮りを行った。iPhone8は色の補正や影など自然に取れるのが特徴で、ギャラクシーS8は背景まで細かく表現でき広角レンズのおかげで人数が多い撮影に適している。こうしたことを踏まえ記事では「どちらも改善点と優れた点を持っているため甲乙つけがたい」と結んでいる。(翻訳・編集/内山)