Chris Garafolaさん(29才/写真左)は、米国ボストンを本拠地にして活躍するイケメン男性モデルだ。人気スニーカーのPUMAやNew Balanceの顔として知られるほか、最近ではイタリアのファッションブランドFalabellaのキャンペーンで、米国のトップ女性モデルGisele Bundchenと共演した。

そんな華やかな世界で生きるChrisさんには、32才のダウン症の姉がいる。先週Chrisさんは、姉Brittanyさんの誕生日を祝うためにプロカメラマンに協力してもらい、彼女を主役にしたファッション写真を撮影。その様子をInstagramで公開した。

フォロワー5万人の理由は顔だけではない

Chrisさんは5万人のフォロワーがいるソーシャルメディアの人気者。だが、人気の理由は顔がいいことだけではない。彼の投稿に頻繁に登場する、姉のBrittanyさんもその大きな理由だ。

幼い頃両親が離婚してから、2人の関係は親密になった。

「僕は姉を守らなければならないと思っていました」Chrisさんは海外メディアのインタビューでこう語っている。「なぜなら僕は姉を愛していて、命より大切だったからです」

2人が幼い頃、暮らしは楽でなかったそうだ。Brittanyさんは数回の心臓手術を受けている。その費用が一家の経済を圧迫し、母親はいくつもの仕事を掛け持ちしなければならなかった。

「そんな困難の中で、家族の絆はますます強まった」とChrisさんは言う。

弟と同じになりたかったダウン症の姉

Chrisさんは4年前にモデルエージェンシーに見出され、モデルとして活動するようになった。姉のBrittanyさんはその頃から、彼と同じように、モデルになりたいと思っていたそうだ。

「姉はいつでも僕と同じようにしたがっていた」ChrisさんはInstagramにこう書いている。「僕が卒業パーティーに行った時は姉も行きたがり、僕が大学に入った時は姉も大学に行きたがった」

「僕がモデルになってからは、仕事で撮った写真をいつも姉に見せていた。そうしたら『凄い! 私もモデルになりたい』と、ずっと言い続けていた」

誕生日の記念写真で彼女をモデルに

そんな彼女の願いを叶えるため、Chrisさんは、プロのカメラマンやスタイリスト、ヘアメークさんたちの協力を仰ぎ、彼女を主役にしたファッション写真を撮影した。その日1日、ダウン症の姉はスーパーモデルになった。

下にあるのがChrisさんがInstagramで公開したその時の様子だ。

Chris Garafola/Instagram

Chris Garafola/Instagram

撮影現場に到着したBrittanyさんは、その時初めて自分がモデルになることを理解し、嬉しさのあまり泣き出したそうだ。

ChrisさんはInstagramにこう書いている。

「僕の姉は世界一美しい人だと思う。偉そうなことと言われるかもしれないけれど、僕は本物の美しさを世界中の人に見せたい。そして、ポジティブなエネルギーを広めたい。この世界は悲しみや怒りで一杯だが、その中にも必ず愛と光があるはずだ」