「縛るのメンドウ→たまる」の無限ループはコレで断ち切れます

写真拡大 (全6枚)

最近はAmazonがすっかり買い物の方法として定着し、フリマサイトも大盛況。出掛ける必要もなく必要な物が手に入るのは便利ですが、通販を利用すると家の中に溜まっていってしまうのが大きな段ボール。次の資源ごみの日まで置いても邪魔にならない理想的な商品があるんです。


段ボールがたまったら
一気に縛りあげられる



山崎実業
ダンボールストッカー
実勢価格:4104円

段ボールの何が不便かと言えば、それはもちろん捨てる時ですよね。ゴミ捨て場に持って行く際はビニール紐などでしっかりと縛る必要がありますが、これがまた一苦労。

段ボールを置くスペースが必要ですし、紐が届かなかったり結わえた部分が解けたら最初からやり直しと、非常に手間取ります。そんな悪戦苦闘も、この「ダンボールストッカー」があれば、一発で解決。段ボールをまとめて置くだけでなく、捨てる時のことまでを考えて設計されているのが何よりすごいんです。



まずは何も考えず、畳んだ段ボールをストッカー部にためていきます。捨て時になったら紐を準備しましょう。



下をよく見ると、段ボールをためておくストッカーの下部には紐を通すための専用スペースが設けられています。



おかげでストッカーに入れたまま、難なく紐を結べてしまいます。



これだけ簡単なら、結んだ紐が緩むような失敗もなし。そのまま持ち上げてゴミ捨て場に行くだけです。

ストッカーの下には自由に移動できるキャスターも付いているので、場所を選ぶ必要もなし。このアイテムが有るか無しかでネット通販の捗り方が変わります。特に段ボールが大きくなりがちなAmazonの利用が多い方は、何より先にこれを注文しておくといいでしょう。

形状自体は至極単純で簡単なアイディアに思えますが、今までありそうでなかったこの商品。すぐにも家庭で重宝されそうなダンボールストッカー。オススメです。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。