自分の味覚にあった野菜をお届け!日本初、“味覚提案型”野菜宅配サービス「ココノミ」

写真拡大 (全5枚)

株式会社141&Companyは、無農薬露地野菜宅配サービス「141select(イチヨンイチセレクト)」のサービス名・サービス内容を変更。日本初となる“味覚提案型”野菜宅配サービス「ココノミ」として2017年10月2日にリニューアルオープンした。
新サービス開始に伴い、都内で10月5日に報道関係者向け発表会・試食会が開催された。

発表会冒頭で挨拶をする石井昭裕氏。「ココノミ」で提供されるのは「テロワール野菜」と名付けられた新しいカテゴリーの野菜。これはワイン業界における、畑の土壌や気候風土(テロワール)の違いで味や価格が変動することに着目し、ワインだけでなく野菜にもテロワールがあるということを定義したもの。「優れた自然環境で育っていること」「施設栽培ではなく、自然の中で育てる露地栽培で育っていること」「旬の時期に育っていること」「無農薬・無化学肥料で育っていること」「優れた農家さんが育てていること」の5つのルールを定め、安心・安全はもちろん、高級ワインのように選択できる大人の為の贅沢野菜をお届けする。

(C) 株式会社141&Company

さらにココノミでは日本では初めてとなる「野菜コンシェルジュ機能」を搭載。
これは一人一人の好みに合わせた野菜を提案するサービスで、初回は16の設問に回答する味覚診断テストで、3つの味タイプの中からぴったりなトライアルセットをお届け。
実際に食べてみた後にアンケートに答えることで、「野菜コンシェルジュ」がユーザーの好みにあった野菜を提案してくれるという仕組み。
「トマトは酸味のある方が好き」「次はさっぱりしたかぼちゃが食べてみたい」「このナスは毎週食べたい」など、個性ある「テロワール野菜」と「野菜コンシェルジュ機能」を組み合わせることで多くのユーザーに納得してもらえるような業界でも新しい野菜宅配サービスだ。




発表会では、露地栽培で育ったピーマン・南瓜の「甘口・コク旨・野性味」の3タイプの試食会も実施。見た目が同じの野菜でも、食べ比べることでそれぞれ異なる味わいを実感。最近何かと「糖度」が注目されがちな野菜だが、人によっては「コク」や「野性味」を好む場合もあるのだそう。

ココノミではお試しセットとして、「初回限定トライアルセット(約2,500円相当の野菜7品)」(980円、税抜/送料込)を用意。お試しセットが気に入れば、毎週か隔週で野菜が届けられる「レギュラー会員7品提案プラン」(2,500円前後、税抜/送料込)、「レギュラー会員12品提案プラン」(4,000円前後、税抜/送料込)、「レギュラー会員18品提案プラン」(6,000円前後、税抜/送料込)の3種類を選べるシステムだ。

個性ある「テロワール野菜」と日本初の「野菜コンシェルジュ機能」を組み合わせた、野菜宅配サービス「ココノミ」。自分の味覚にぴったりな野菜を探してみてはいかがだろうか?