16日、週末に行われたサッカーの中国リーグの試合で起きた“誤審”に、中国ネットユーザーがあきれ返っている。資料写真。

写真拡大

2017年10月16日、週末に行われたサッカーの中国リーグの試合で起きた“誤審”に、中国ネットユーザーがあきれ返っている。

物議を醸しているシーンは、14日に行われた中国スーパーリーグ第27節、河北華夏幸福と江蘇蘇寧の試合の前半。江蘇蘇寧のDFラミレスが味方GKを狙って出したバックパスを河北華夏の尹鴻博(イン・ホンボー)が飛び出してカットしたのだが、この時、副審(ラインズマン)はフラッグを挙げてオフサイドの判定を示した。

しかし、当然のことながらオフサイドは「味方からのパス」にしか適用されず、この場合、相手のパスをカットした尹がオフサイドでないことは誰の目にも明らかだった。しかも、ラミレスがミスパスを出したのは副審の目の前。幸い、主審はオフサイドは取らず、江蘇蘇寧のGKが飛び出した尹を倒したとして河北華夏にPKを与えた。試合はこのPKでリードした河北華夏が3−2で勝利した。

この副審の明らかな“誤審”には厳しい批判が向けられており、中国メディアからは「非常に低レベルな誤審」「国際的な恥」「中国サッカーがまた笑いものに」など辛辣(しんらつ)な表現が並ぶ。また、ネットユーザーからも「普通のサッカーファンなら誰でも分かることがラインズマンには分からないとは…言葉がない」「審判ライセンスをコピーしてきたんじゃないか?」「中国サッカー自体がコメディ」といった批判の声や、「心からの一言。中国サッカー協会は解散してくれ」と長年腐敗が指摘されているサッカー協会への批判が出ている。(翻訳・編集/北田)