竹内涼真と佐野岳のマラソン真剣勝負も! 『陸王』初回から骨太な展開に

写真拡大

 15年ぶりの連続ドラマ主演である名優・役所広司を筆頭に、今をときめく山崎賢人や竹内涼真といった若手俳優から、寺尾聰といったベテランまで豪華キャストが集結。『半沢直樹』シリーズや、『下町ロケット』の池井戸潤の小説を原作とした日曜劇場『陸王』(TBS)。10月15日の第1話は、初回2時間スペシャルで放送された。

(参考:山崎賢人と竹内涼真が初共演! 『陸王』は秋ドラマを牽引するか? 

 埼玉県行田市で100年続く足袋会社「こはぜ屋」。四代目社長・宮沢紘一(役所広司)を中心に、従業員20人ほどの小さな会社でありながらも、そこは温かく活気に満ちている。しかし現実は、年々先細る足袋の需要や、ミシンの故障、銀行からの追加融資がなかなか下りないといった厳しいものばかり。第1話では、銀行の「こはぜ屋」融資担当である坂本(風間俊介)から新規事業に踏み出すことを提案され、時代の荒波の中、いよいよ本格的に「マラソン足袋・陸王」の製造に「こはぜ屋」一丸となって乗り出すまでが描かれた。

 いまの時代、なかなか足袋に触れる機会というのものは少ないだろう。本作では、時おり説明を交えつつ、テンポよく展開し、「こはぜ屋」周辺の人々を浮かび上がらせる。たまたま靴屋で「ファイブフィンガーズ(五本指)」のシューズを手にした宮沢は、その軽さに驚く。そのとき坂本の「こはぜ屋ならではの強みが必ずある」というひと言を思いだし、「マラソン足袋」の開発へと彼は動き出すのだ。「ヒール着地は怪我をしやすい。ミッドフット着地が人間本来の走り」だと口にするスポーツ用品店の店主・有村(光石研)から誘いを受け、宮沢は息子・大地(山崎賢人)を連れだって、愛知県豊橋市で開催されるマラソン大会を見に行く。

 やはりこの第1話の大きな見所の1つが、この「豊橋国際マラソン」の場面。箱根駅伝で4年間デッドヒートを繰り広げて以来、大学卒業後はじめての対決となる、茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)。演じる俳優両者が役者となる以前に培ってきた、高い身体能力を披露する場面でもある。美しいフォームと、前へ前へと繰り出されるしなやかな身体性は、まるで本当のマラソン大会を見ているような臨場感あふれる真剣勝負となった。ここで目の当たりにする茂木の挫折に、宮沢は決意をよりいっそう強くする。

 第1話の終盤では、「陸王」と命名されることになる「マラソン足袋」をめぐって、人々は出会い、葛藤し、困難を乗り越えていく様子が描かれた。「嬉しいこと」と「悲しいこと」が次々と起こり、光が見えたかと思えば、すぐに曇ってしまう、その繰り返しだ。資金繰りが行き詰まる宮沢。銀行からは社内でのリストラをすすめられ、噂を耳にした従業員たちが抗議の声を上げる。そして「新規事業の提案など経営悪化を招く」として坂本は左遷となり、宮沢の前で上司・大橋(馬場徹)から激しく叱責を受ける。それに対し宮沢は「立場は違っても、私は(坂本を)同志だと思っている。その同志をバカにするのはやめていただきたい」と一喝し、40年前の「マラソン足袋」を手に「これは失敗作だが、たすきなんだ。社員一人ひとりがランナー。誰かひとり欠けてもゴールすることはできない」と声を大にする。彼の手にするシューズ箱には「陸王」とあり、従業員たちへ満面の笑みを見せる。

 のっけから連続する骨太な展開。これから約3カ月間、憂鬱な日曜の夜が、熱く爽やかなものとなりそうだ。早くも次週が待ち遠しい。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

(折田侑駿)