綾野、星野、坂口ら“塩顔パラダイス”な『コウノドリ』に最強塩顔・宮沢氷魚が参入

写真拡大

綾野剛主演の新ドラマ『コウノドリ』(TBS系列、毎週金曜22:00〜)が10月13日にスタートし、本作で俳優デビューとなった宮沢氷魚(みやざわひお)に注目が集まっている。

産科医療の現場をリアルに描いて好評を博した前作に引き続き、綾野、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった豪華キャストが出演する中、新レギュラーとして大抜擢された宮沢が演じるのは、ペルソナ総合医療センターの研修医・赤西吾郎。赤西産婦人科の息子で、事あるごとに同じ“ジュニア”である四宮(星野)から愛ある鞭を受ける。親と同じ産婦人科医になることに抵抗もあり、どの科を選択するのか決めかねているという役どころだ。

10月13日に放送された第1話では、耳が聞こえない妊婦・早見マナ(志田未来)が道端で破水してしまった所に赤西が登場。研修前にも関わらず初めてお産の現場に立ち会うことになり、戸惑いつつも懸命に手伝った。その初々しい姿に、ネット上では「この研修医くんめちゃくちゃイケメンやな……」「いきなりこき使われる氷魚可愛い」「研修医としてうちに来てほしい」など、悶絶するコメントが相次いだ。その後、研修医として改めて産科で紹介されると「産科医になる気はありません」という衝撃の”ゆとり”発言。「使えないだろうけど、邪魔はするなよ」と忠告する四宮と火花を散らせる場面もあった。また、今作が俳優デビューにも関わらず、「氷魚くんらしい自然体なお芝居に見とれちゃいました」「間の上手さと響くいい声、素晴らしかったです!!」など、芝居に対しての評価も高く、実力派俳優としても期待されること間違いないだろう。

人気俳優の登竜門ともいわれる「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の宮沢。サンフランシスコ出身のバイリンガルで、今年3月に国際基督教大学を卒業した。元THE BOOMの宮沢和史を父に持ち、同じく”ジュニア”である今回の役柄とのリンクも注目のポイントだ。184cmという恵まれた高身長に、美しい栗毛色の髪、透明感溢れる瞳に「宮沢氷魚くんの透明感」「氷魚くんの目が澄んでて眩しい」「ちょっと待って氷魚くんがイケメン過ぎる」「氷魚くんかっこよすぎて心が癒され」「氷魚くん美し過ぎる」と、容姿に関する絶賛の声も続出している。

放送後にアップされた宮沢のInstagramでは、「『コウノドリ』ご覧頂けましたか?? 本当に感動しました……来週もお楽しみに! #産科医はいつもスマイル」というコメントと共に、四宮からの厳しい言葉に吾郎が暗くなり、小松留美子(吉田)が無理やり笑顔を作らせるという第1話のシーンを再現し、お茶目な変顔を披露している。こちらも、ドラマと合わせて必見だ。