どうしてワンちゃんは動物病院が嫌いになるの?

あなたの愛犬は、動物病院が好きですか?私の周りの愛犬家さんの話を聞くと、動物病院が嫌いなワンちゃんは多いようです。

知らない場所、知らない人達に囲まれるだけで、わんちゃんは恐怖やストレスを感じます。私たちも初めての場所、初めての人達に出会うと緊張しますよね。わんちゃんも同じです。

そんな緊張感漂う時に、知らない人に体のあちこちを触られたり、注射を打たれたり嫌なことをたくさんされます。わんちゃんは、動物病院に対して嫌な記憶しか残らないため、「病院が苦手になってしまう」という訳です。

子犬のうちに動物病院を克服しておきましょう!

子犬さんをおうちに迎え入れて落ち着いたら、今までのワクチン接種履歴を参考に、ワクチンを打ちに動物病院に行かないといけません。

経験が少なく、まだまだ色々な物事を吸収する時期の子犬さんは、動物病院がどんなところが知りません。だから、よほどのこわがりさんでなければスムーズに動物病院を受け入れてくれます。

つまり、「子犬の内に動物病院に良い印象持たせておく事」が、苦手を克服する第一歩になるのです。

「おやつ」を使って動物病院の印象を良くしよう!

待合室でおやつを与える

診察を受ける前に、まずは待合室でおやつをあげてみましょう。

ちゃんと、おやつが食べられるかチェックして上げて下さい。この時、ストレスが強くかかると犬はフードを食べれません。フードが食べれるかどうか、というのは「犬のストレスのかかり具合」の判断材料になります。

また、愛犬が子犬の場合、クレート(キャリー)に入っていますか?他の犬と接触することで病気をもらう可能性があるので、注意が必要です。

ワクチンプログラムが完了するまで、子犬さんは、クレートに入れて、膝の上か、椅子の上に置き、床に置かないようにしましょう。

また、待合室でおやつが食べられなかったら、そのままそっとしておきましょう。変に声をかけたりしない方が、子犬さんは落ち着けます。おやつが食べれる子犬さんは、待ち時間の間、時々ほめておやつをあげてください。動物病院は美味しいところだと記憶してもらいましょう。

診察室でおやつを与える

診察台に乗せて、体重を測ったら、おやつをあげてみましょう。
獣医さんが、触診等をした後、体温を測った後等々、何かされるたびに、「おりこうだね」と言っておやつをあげましょう。獣医さんに触られると良いことがあると覚えてもらいましょう。

獣医さん(看護師さん)がおやつを与える

注射をした後は、獣医さんからもおやつをあげてもらいましょう。「この獣医さんは美味しい物をくれる良い人」だと子犬さんに覚えてもらいましょう。そうやって、診察室を良い印象にして帰りましょう。

まとめ

子犬の病院嫌いを克服するには、「動物病院を良い印象にする事」が大切です

待合室でおやつをあげる診察の途中、何かされるたびに、おやつをあげる最後に、獣医さん、看護師さんからもおやつをもらう

この3点を押さえて、動物病院の第一印象をを良くしておきましょう。
そうすれば、次に動物病院に来た時にわんちゃんは「良い記憶」を呼び戻します。動物病院を好きになってくれるでしょう。

わんちゃんが楽しく動物病院に行ければ、飼い主さんも「また、嫌がる子を連れて無理くり行かなくちゃいけない」というストレスが減ります。

飼い主さんが楽しくなることで、わんちゃんも楽しくハッピーになれますよ♪