@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

もくじ

ーフェラーリ・ポルトフィーノ 注目の技術
ーAピラーの秘密 10分の1まで絞込み
ーフェラーリの照準は、ハイブリッド化に

フェラーリ・ポルトフィーノ 注目の技術

先代のカリフォルニアTと比較して80kgのウェイトダウンに成功した新型モデル「ポルトフィーノ」。その開発で培われた軽量化技術は、今後登場するモデルにも、大きな影響を与えるだろう。


他のモデル同様に、ポルトフィーノはアルミニウム製ストラクチャー採用しているが、とりわけパーツの数を少なくすることに力を注いだという。

それは、パーツ構成を単純化するだけの話ではなく、剛性を高め車重を下げることに貢献するからだ。
 

Aピラーの秘密 10分の1まで絞込み

ポルトフィーノで最も大きな成果をあげたパーツが、Aピラーである。ピラーを構成するコンポーネントの数は、カリフォルニアでは21種類必要であったが、ポルトフィーノではたった2種類に削減されている。


同様にシャシーを構成するパーツ数は、40%も少なくなり、その一方で剛性は30%も改善されたという。こうしたテクノロジーによって車重を80kgも減らすことに成功したのだ。

フェラーリの技術部門を率いるマイケル・レイタースは、AUTOCARの取材に対し、「こうしたテクノロジーは将来のモデルにも引き継がれます」と認め、跳ね馬の全てのモデルがさらなる軽量化とパーツ数削減を実現することを示唆した。
 

フェラーリの照準は、ハイブリッド化に

フェラーリは、主要モデルに今後ハイブリッド技術を導入する場合、どれだけの重量増を伴うかすでに把握している。このため、いかにして1kgでも軽量化するかに最大限の努力を払っているところだ。


とりわけ488GTBの後継モデルは、電動化を適用する可能性が高い1台である。

ラ フェラーリに搭載されたハイブリッドシステムは、およそ200kgのウェイトアップを招いた。レイタースは、総合的なシャシーテクノロジーと、コンストラクションを構成するマテリアルのノウハウを高めることで、その半分でも削減できればと考えている。