「重要参考人探偵」でシモン藤馬を演じる古川雄輝

写真拡大

10月20日(金)から放送される玉森裕太主演金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。なぜか遺体の第一発見者となってしまう、不幸体質なモデル・弥木圭(玉森)が、モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)とシモン藤馬(古川雄輝)と事件の真相を追うコメディーミステリー。圭の元恋人の刑事・早乙女果林を新木優子が演じる他、滝藤賢一、豊原功補、西岡徳馬、松平健らも出演する。

【写真を見る】古川にシモンっぽいポーズをお願いしてみると、笑顔でWピース!

いつも事件に巻き込まれてしまう圭を心配しつつ、社交的な一面を生かして有益な情報を聞き出し、圭の役に立つ情報も入手してくることもあるシモン役には、自分のキャラとは正反対だと語る古川雄輝。シモンを演じる古川にインタビューを敢行し、役どころや共演者とのエピソード、今後の展望などを聞いた。

■ シモンは自分と似ている要素がゼロ!?

――古川さんが演じるシモン藤馬はどんな人物ですか?

シモンみたいな役をこれまであんまりやったことないので、挑戦になるような役柄になるなって思いました。自分と似ている要素が一つもないですしね。原作ではハーフですが、僕はハーフじゃないですし、原作はマッチョですけど、マッチョじゃないですし。

さらに、社交的で人間が好きなシモンなので、どれも当てはまらないです(笑)。自分とかけ離れてる役だからこそ挑戦になるんですが、そこも楽しんでいけたらいいなと思っています。

――玉森さんや小山さんとは打ち解けてきましたか? お二人の印象は変わりましたか?

慶ちゃんは変わらず兄貴という印象で、玉ちゃんもやっぱりかわいいです。

初めてお会いしたときから、慶ちゃんは社交的でフランクな方だなって。一番年上ということもあって、結構いろいろ仕切ってくださったりします。すごくしっかりしているというか、場の会話も回したりとかそういう印象ですかね。

それに、「3人で頑張っていこうね!」ということで、みんなおそろいのペンケースをプレゼントしてくれて、男気も感じました。

玉ちゃんは人見知りな感じで、僕の性格と近いところがあるから仲良くなれそうです。照れる玉ちゃんもすごくかわいいんですよ。至近距離で見ていると、これは女の子も萌えるかわいい照れ方だなって思いました。僕も仲良くなったらいじって照れさせたい!

それに玉ちゃんに「家帰ったら何してるの?」って聞いたら、「ゲームやってる」って言ってて、「俺も!」って思わず言ってどんなゲームか聞いてみたら、なんと同じゲームでした(笑)。

■ 制限明けに食べるのはラーメン? トンカツ? ケーキ?

――モデル役となりますが、苦労している点は?

今言われるまでモデルだってこと、一瞬忘れてました!(笑) みんなキャラが濃過ぎるのでね…。モデル役ですが、シモンは自由なキャラクターなので、今まで習ってきたものからヒントを得ながらバリエーション豊富に演じられたらいいなって思っています。

服は大好きです。今回用意してくださってる衣装がすごく好きなんですが、僕と好みが似てるかもしれないですね。シモンが着ているような、こういうロングコートも結構着ますよ。

――食事制限をしているそうですが、いかがですか?

大好きなラーメンが1カ月半食べられていません。トンカツも…。ちょっとツライです。(取材時はクランクイン前)でも、我慢していると不思議なもので、普段食べたいと思ったことがないものが食べたくなるようで、好きじゃないケーキもいざ食べられないとなると食べたくなるんです。

――では、制限明けには何が食べたいですか?

もしかしたら、ケーキ食べるのかな?(笑)。でも、ラーメン、トンカツ、カロリーの高いものを食べたいと思います!

――体作りも本格的なんですね。

やたらプライベートで筋肉の話をするようになっちゃって…。それがちょっとキモいなぁって自分でも思ってて(笑)。その部位の筋肉を増やしたいなら、まずこう鍛えてってすぐ話せるくらい詳しくなっちゃったんで。昔はダンスをやってたんですけど、やめて以来ずっと運動をしてなかったんですね。健康維持のために、もしかしたら続けるかもしれないです。

――主人公の圭は、絶体絶命のピンチに巻き込まれがちですが、古川さんご自身がピンチ!と思う場面はどんなとき?

割と常にピンチなんですよね(笑)。「ドラマちゃんとできるかなぁ…ピンチ!」とか、「さっきの取材は大丈夫だったかなぁ…ピンチ!」とか思っちゃう。心配性なのかもしれないですね。

■ 実際の古川は…圭に一番近い⁉

――普段友達といるときは、圭、斎、シモンの中だと誰タイプ?

間違いなくシモンではないです(笑)。圭かなぁ? 一番積極的じゃない感じがするから(笑)。

基本自分で何かしようって決めることがなくて、全部合わせられるので自分の意志はまったくないんです。友達が楽しいことをやっていると僕も楽しいので、それでいいんですよね。

――今後はどのような作品に出演したいですか?

どんな監督であれ、どんな作品であれ、僕を必要としてくれる作品なら。この業界は必要とされることが大切なお仕事なので、求められるのであれば、与えられた役柄を周りのスタッフや見てくれる方の人のためにも、僕は全力でやりたいです。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

初めて僕を見る人は、シモンのイメージが付くと思うんですけど、今まで僕を見てくれていた人は全然やったことない役柄を楽しんでいただけたらうれしいです。見てね〜♪