吉岡茉祐

<記者コラム:オトゴト>
 アニソン歌手の水木一郎(69)、タレントで歌手の中川翔子(32)、歌手の井上あずみ(52)、声優で女優の吉岡茉祐(21)が13日、東京・新宿地区で開催される『アニメフィルムフェスティバル東京2017』の開会式に出席。この現場を筆者は取材した。その中で一生懸命さと初々しさが印象に残ったのが、吉岡茉祐だ。

 吉岡は、アニメ『Wake Up, Girls!』の主演キャラクター7名のうち、メインヒロイン島田真夢を演じており、声優ユニット「Wake Up, Girls!」としても活動中で主にセンターを務めている。

 そんな彼女が、13日『アニメフィルムフェスティバル東京2017』の開会式に出席。アニメソング界の帝王と呼ばれる水木や、ジブリ映画『となりのトトロ』の主題歌を務める井上、アニメ愛に溢れている中川と並びながらも、緊張した面持ちで声を震わせながら「ミュージックビデオの撮影の時から緊張していたんですけど、こんな素敵な先輩方に囲まれてアニメ100周年という凄い記念すべき年に、小さい頃から慣れ親しんできたアニソンをお仕事に出来て、尚且つこのメンバーに入ることが出来て、本当に心から感謝しかなくて。お仕事していて楽しいなって思える場所だと凄く思いました」と一生懸命言葉を紡いでいた。

 その姿を見ていると、とても心が打たれるものがあった。なぜなら私も彼女と同年代。大御所のアーティストとともに肩を並べ、開会式という大きな場に出席するのは凄く勇気のいることだろう。私も取材をしている立場の人間だが、不安と緊張は常につきものでこの日の取材も凄く緊張に勝っていた。

 だが、彼女の一生懸命言葉を届ける強い姿勢、不安と戦いながらも堂々と前を見ている姿、その姿にとても励まされ勇気をもらった。まだまだこれから進んでいく若い宝石の彼女が、これからどんな輝きを見せるのか、期待したい。【橋本美波】