選挙を通じて届けたい曲・メッセージは? 「TOKYO FM」が史上最長の衆院選特番を放送

写真拡大

 10月22日は衆議院議員選挙の投開票日。当日、20時から5分間の開票速報、および21時から26時まで、TOKYO FMでは同局史上最長となる5時間編成の衆議院選挙特別番組「列島タイムライン」を放送する。

 第1部「列島タイムライン〜私たちが選ぶニッポンの今〜」(21:00-23:55/23時台はJFN系列38局ネット)では、レギュラー番組「クロノス・フライデー」、「TIMELINE」パーソナリティー・速水健朗、お笑いジャーナリスト・たかまつなならとともに、各党幹部のインタビューを聞きながら、選挙後の政治、経済、外交について考える。

 第2部「列島タイムライン〜Think About NIPPON〜」(24:00-26:00)では、平日ワイド番組「シンクロのシティ」パーソナリティー・堀内貴之と「Skyrocket Company」パーソナリティー・マンボウやしろが、TOKYO FMのメインリスナー層である若い世代が今回の選挙で「どんな日本の未来を選ぼうとしたのか」について語り合う。さらに、特番全編を通じて、今回の選挙を通じてリスナーから「今、届けたい“選曲”」もリクエストを募集し、選曲メッセージと共に紹介する。