週の後半になってくると、だんだん献立がいい加減になってくるのはどこのご家庭でも同じだろうけれど、わが家は得にそれが顕著だ。ここのところ数カ月は、金曜の夜になるとお総菜屋さんの唐揚げ、とんかつが食卓に登場する機会が増えた。揚げ物好きの子どもたちは大喜びだけれど、私はそこまで揚げ物が好きではないこともあって、その横に陳列されている野菜系のお総菜を適当に選んで自分用に買ったりする。野菜系のお総菜はとても便利でおいしいのだけれど、ひとつだけ難点がある。結構、高い。もちろん、誰かが作ってくれているのだから自作するより高いのは当然なのだけれど、これが毎週続くとなると、ちょっとツライ。

ということで、最近は、野菜に関してはなんとか自作するようにしている。先週は急がしかったこともあって、自作と言いつつカット野菜でサラダを作ったのだが、家族全員から「寒い」という悲鳴が上がった。確かに、この時期、野菜サラダは寒い。なんだろう、この胃腸が震える感じ。やっぱり生ってパワーあるな……。

しかし、この、「生野菜だけだとちょっと食べにくい」という状況を打破してくれるのが、今週紹介する切り干し大根とツナのサラダだ。

普段は、切り干し大根を水で戻して、ツナとマヨネーズで和えるだけというお手軽さなのだけれど(実はそれだけでもおいしい)、今回は冷蔵庫にあった、たまねぎ(薄切り)、きゅうり(千切り)、人参(千切り)を加えてみた。切り干し大根は水をしっかり切っておくとおいしい。すべての具材をしっかり混ぜて、最後にたっぷりのマヨネーズで和える。仕上げに黒こしょうだ。

ゆで卵やナッツを加えてもおいしい。いつも多めに作るのに、あっという間になくなってしまう、簡単だけどおいしいおかずです(そして寒い時期でも食べやすい)。是非一度試してみてください。お酒にもぴったりです(今週もそれか)。

材料 (2人前)

切り干し大根 ひとつかみ

人参 適宜

きゅうり 適宜

タマネギ 適宜

ツナ 1/2缶

マヨネーズ 適宜

黒こしょう 適宜

♦【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック