タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

復活目指す英雄が“赤シャツ姿”の練習動画をツイッターに投稿「前進中」

 男子ゴルフの元世界ランク1位タイガー・ウッズ(米国)がツイッターを更新。持病の腰痛と睡眠障害から復活を期すかつての英雄は、コース上で軽やかにドライバーショットを決める動画を公開し、ファンも「奴が帰ってくるぞ!」「おお!赤いシャツ! いよいよだ!」と熱狂を呼んでいる。

 ゴルフ界の英雄は着実に歩みを進めているようだ。ウッズは16日にツイッターを更新。「前進中」と題した動画には、スムーズなスイングでドライバーを振り抜く映像が公開されている。

 紺のキャップを被り、赤シャツにハーフパンツ姿で青空の下、フェアウェイに立っている。そして、しっかりとグリーンを見据えると、綺麗にドライバーを振り抜き、まっすぐに飛んで行ったボールは青空に消えた。

 手術した腰の回復は順調なようだ。この模様について、米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト」は「タイガー・ウッズがドライバーショットのビデオを投稿」と見出しを打って報じている。

3万以上の大反響「ウェルカム・バック・キング!」「赤いシャツ! いよいよだ!」

 記事では、「スウィングはウッズの真骨頂とはまだ異なるように見えるが、この動画を見る限り、ものすごくお馴染みなものがある。それは、赤いシャツだ」と言及。ウッズは全盛期、最終日に赤いシャツを着ることを習慣とし、「タイガーチャージ」と呼ばれる怒涛の追い上げでメジャー通算14勝を挙げた。いわば“勝負服”を纏った姿に、ファンからも興奮の声が挙がっている。

「奴が帰ってくるぞ!」
「我々はこの赤いシャツに対しての興奮から逃れる術を知らない」
「おお!赤いシャツ! いよいよだ!」
「ゴルフ界は君の最高の帰りを待望している」
「ゴー!タイガー!ゴー!」
「今まで見てきたものの中でベスト動画だ」
「トライし続けるんだ。ツアーも君も待ち続けている」
「素晴らしいタイガー!これを見て今日は良い日になった!」
「ウェルカム・バック・キング!」

 投稿の返信欄にはコメントが溢れ、いいねとリツイートを合わせ、3万以上の大反響を呼んでいる。

 ウッズは4月に自身4度目の手術を敢行。5月には睡眠障害の影響で治療を受けた影響から違反運転で逮捕されるなど、騒動になってしまったが、9月から練習を再開。プレジデンツカップで米国選抜の副キャプテンを務めるなど、公の場に少しずつ姿を現しながらも練習を続け、ピッチングウェッジ、アイアン、ドライバーとしっかりと段階を踏んで飛距離も伸ばしている。

 今年2月以降、公式戦からは遠ざかっているが、その雄姿を再びコースで見られる日はそう遠くないかもしれない。