仕事中に喫煙するために席を外す「タバコ休憩」。

製薬会社ファイザーの調査によると、一般社員が1日に取る「タバコ休憩」の回数は平均2.24回。1回あたり平均9.42分の「タバコ休憩」を取っているそうです。

喫煙者だけが1日平均約20分も多く休憩を取っていることについて、非喫煙者から「不公平だ」と不満の声が出ている職場も多いとしています。

確かに、私の職場でも喫煙する社員は当たり前のように席を外しています。

非喫煙者の社員は10分も席を外したら理由を聞かれる、もしくは「あの人トイレ長いな」とあまり嬉しくない感想を持たれてしまいます。

引用記事:非喫煙者に「最大6日の特別有給」を付与する会社とその理由

そんな「タバコ休憩」による不公平感を、画期的な制度で解消しようとする会社が存在します。

ダイレクトマーケティングコンサルティング事業などを手掛ける「ピアラ」は9月1日から、非喫煙者に対して年間最大6日の有休を与える「スモ休」を導入するそうです。

非喫煙者(勤務時間内外を含む)に1年間あたり6日分(1月あたり0.5日分)の特別有給を付与します。

特別有給の日数は、社員の行動予定管理を基に喫煙者の月間の小休憩時間を換算して決めています。

同社ではこの制度を機に禁煙を試みる社員も増えており、すでに成功した社員も1名いるそうです。

「スモ休」導入のきっかけは、従業員から「喫煙者は通常の休憩時間以外にも、1日数回業務を離れることがあり、非喫煙者との業務時間の差が問題ではないか?」という疑問の声だそう。

同社は従業員が匿名で社長宛てに業務改善やクレーム等を報告できる「目安箱制度」を設けており、スモ休も目安箱に寄せられた案を採用したものなんだとか。

このように、社員が不平等感を抱かず、働きやすい環境にするための取組を積極的に行う会社は素敵ですよね!

私の会社でも導入されたらいいのに…と思ってしまいました。

【関連記事】
【マンガ】iPhoneカップルにありがちなことを考察してみた!

【マンガ】会社に行きたくない…雨の日にサラリーマンがやりがちなこと

【マンガ】「よくスタバにいるカップル」と「頼みがちなメニュー」を考察してみた

【【マンガ】盗まれたり失くしたり…バカにならない梅雨の傘代

【会社に行きたくない…GW明けに陥りがちな「五月病」

【マンガ】市民が通報…消防車で「うどん店」に立ち寄った消防団員

【マンガ】高速道路で「ICを行き過ぎた」ときの対処方法

「あの」ディズニーも例外じゃない!待遇改善しないと人が来ない近年のサービス業

就活生に伝えたい「ブラック企業の見極めポイント」

【マンガ】実は今も1億枚が流通!発行から17年を迎えた2000円札