画像提供:マイナビニュース
みなさんは「ピネライス」という料理を知っているだろうか? 京都の洋食屋「キッチン・ゴン」発祥の人気メニューで、現在も京都人の間で根強い人気を誇っている。名前からは想像がつかないこのメニュー、一体どんなものだろう? この目で確かめるべく現地に向かった。

○チャーハン+カツ+カレーと主役が勢ぞろい!

ピネライスが生まれた「キッチン・ゴン西陣店」は、京都市営地下鉄東西線「二条城前」から徒歩約12分、バスなら「堀川下立売」から徒歩すぐの距離にある。

店の外観は茶系を基調とした昔ながらの洋食屋さんらしい印象。店内にはゆったりとした音楽が流れ、落ち着いて食事が楽しめる雰囲気だ。昭和45(1970)年、大阪万博の年に創業したキッチン・ゴンは、店のオーナー権藤さんの名前の一部をとってつくられたそう。

キッチン・ゴン西陣店の店長、浅田さんにピネライスについてお話を聞いた。

――早速ですが、お店の名物メニュー「ピネライス」ってどんな料理なんですか?

「ピネライスは当店のオーナーが考案したオリジナルメニューで、チャーハンにカツを乗せ、カレーをかけたものです。オーナーによると『ピネ』はフランスの俗語で『薄いカツ』を意味するそうです」

――京都人に長く愛されているピネライスですが、根強い人気の理由はどこにあるのでしょう?

「チャーハン、カレー、カツという誰もが大好きな料理を一緒に食べられるのが受けたのかと。トッピングや味つけに豊富なバリエーションがあるのもリピーターが多い理由かもしれません。定番のピネライス以外に、ケチャップ風チャーハンにハヤシライスソースをかけた『赤ピネライス』、にんにくを加えた『ガーリックピネライス』などが人気です」

なるほど。でもカツカレーはよく聞くけど、チャーハンとカレーって合うの? 確かめるため食べてみよう! サイズはスモール・レギュラー・ビックがあり、今回はがっつりおなかを満たせるビックサイズ(970円)を注文。

○どんどんご飯が進む! 最強トリオ恐るべし

チャーハンを炒め、トンカツをこんがり揚げて、カレーをたっぷりかけたらピネライスの完成だ。ビックだけあってすごいボリューム! ライスの量だけで600gあるそうだ。これで1,000円以下とはうれしい。ちなみに、平日ならスープがサービスでついてくるので、さらにおトクとなる。

まずはチャーハンとカレーを一緒に一口。最初はカレーとチャーハンの組み合わせってくどいんじゃ? と思ったが、そんな心配は無用。チャーハンは素材の味を生かした優しい味つけで、カレーと合わせてもいいし、単体でもイケる。

お話を聞いたところ、カレー合わせておいしいように、あえてさらっと薄味にしているそうだ。カレーはやや辛口。洋食屋さんのカレーらしい本格的派でありながら万人受けするおいしさだ。

ピネライスの名前の由来ともなったカツはカレーの味がしっかりしみておいしい!どんどんご飯が進む。ボリューム、味、お値段、どれをとっても大満足の一品だ。

○欲張りさんに「ワンピネライス」という選択を

キッチン・ゴンではピネライスの他にも、ハンバーグやビーフステーキ、エビフライなど定番メニューも人気だそう。「ピネライスも食べたいけど洋食メニューも捨てがたい……」。そんな人は「ワンピネライス」という、付け合わせ用の小さいサイズがあるので一緒に頼んでみてはどうだろう。ワンピネライス単品なら350円、ランチとセットの場合は200円、各種単品料理とセットの場合は300円となる。

子どもからお年寄りまで、おいしい洋食が楽しめるキッチン・ゴン。本店の西陣店以外にも、アクセスのいい京都駅ビル内、六角高倉にも支店が出ている。名物・ピネライスを味わいに、ぜひ足を運んでみてほしい。

●information

キッチン・ゴン西陣店

住所: 京都府京都市上京区浮田町613

営業時間: 11:00〜22:00(ラストオーダー21:40、平日15:00〜17:00は中休み)

定休日: 水曜日

※価格は税込