ロジャ・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

上海マスターズ決勝…フェデラーがナダルを圧倒し、ストレート勝ちで大会制覇

 男子テニスの上海マスターズは15日、シングルス決勝で世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)がラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、6-3のストレート勝ち。3年ぶりの大会制覇で今季6勝目、歴代2位となる通算94個目のタイトルを手にした。38回目の黄金カードはフェデラーの完勝となったが、ATP公式中継サイト「テニスTV」が「フェデラー+ナダル=友情の終着点」と公式ツイッターに投稿するなど、勝敗を越えた二人の関係性に感嘆の声が続出している。

「フェデラーvsナダル」の黄金カードとなった決勝戦。フェデラーの異次元の強さが際立った。

 第1セットの第1ゲームでいきなりブレークに成功したフェデラーは、強力なサーブでエースを奪うなどポイントを重ねる。第4ゲームには14本の白熱したラリーの末、ナダルが一歩も動けない強烈なクロスショットが炸裂。会場を大きく沸かせ、「テニスTV」も公式ツイッターで「“打ち返せない”ロジャー・フェデラーのフォアハンド! スイスのマエストロは一向に後退しない…」と速報したほどだった。

 第1セットを6-4で先取すると、続く第2セットも多彩な攻撃を展開。第5ゲームでブレークし、一度もナダルにブレークチャンスを作らせず、6-3と一気に試合を決めた。わずか1時間12分での圧勝劇。2014年大会以来の優勝でキャリア通算タイトル数も94に伸ばし、ATPツアー公式サイトによれば、1968年のオープン化以降ではイワン・レンドル(米国)に並ぶ歴代2位に浮上したという。

通算タイトル数で歴代2位タイに浮上、ファンも感嘆「レジェンドの中のレジェンド」

 黄金カードはフェデラーがこれで今季4連勝。通算成績も15勝23敗とした。試合後、場内のインタビューで「まだ今年は終わっていない」と前を向いたナダルに対し、フェデラーは「今日再び君とコートを分かち合えたことを幸せに思う」と感謝のメッセージ。「テニスTV」が公式ツイッターにスピーチの動画付きで「ロジャー・フェデラー + ラファエル・ナダル=友情の終着点」と投稿すると、「アダム2人」「真の友情だ」「史上最高のテニスプレーヤー」「ライバル関係は続く」とコメントが寄せられた。

 また、フェデラー自身もツイッターでも上海マスターズ優勝を報告。中国国旗、トロフィー、投げキッスの絵文字と優勝トロフィーにキスする写真を公開すると、投稿の返信欄は祝福の嵐となった。

「おめでとう、マエストロ」
「今日は信じられないテニスだった、愛している」
「センセーショナルな勝利だった」
「異次元のテニスプレーヤー、そして驚くべき人間性」
「レジェンドの中のレジェンド」
「ロジャーは申し分ないプロフェッショナルであり、絶対的なジェントルマン」
「シンプルにパーフェクト!!!」

 36歳にして今なお進化を続けるフェデラー。ライバルのナダルとともに、さらなる高みを目指して全力疾走を続ける。