原子力空母「ロナルド・レーガン」(米海軍提供)

写真拡大

米韓の海軍は16日、日本海と黄海で合同演習を開始した。演習は20日までだが、米第7艦隊は原子力空母「ロナルド・レーガン」を中心とする空母打撃群は26日まで同海域で活動するとしており、演習の終了後も朝鮮半島周辺で独自の訓練を実施する方針を示唆した。

演習には韓国から、イージス駆逐艦「世宗大王」や潜水艦などが参加する。演習に参加する両国の艦艇は約40隻に上る。

対特殊線訓練も

また、米空母艦載機のほか、米韓から地上配備のA-10対地攻撃機やF-15K戦闘機、各種ヘリコプターなども投入される。

演習ではミサイル警戒訓練や海上封鎖訓練が行われるほか、米原子力潜水艦「ツーソン」には米特殊戦部隊の要員らも搭乗。北朝鮮の特殊戦部隊が最近、黄海上の韓国領島しょを奇襲占領する訓練を行っていることに対応し、対特殊戦部隊作戦(MCSOF)訓練も行う。

一方、米軍は地上監視用偵察機「ジョイント・スターズ(J-STARS)」を派遣し、北朝鮮側の動向監視を強化する。同機は200-500キロメートルの範囲の車両、基地、ミサイルなどの地上目標数百カ所を同時に探知、追跡できるという。