「Conversations with Kazuo Ishiguro」 Brian W. Shaffer Cynthia F. Wong University Press of Mississippi

写真拡大

 2017年ノーベル文学賞は、イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に決定した。

 ノーベル文学賞といえば、ここ数年は村上春樹氏受賞への期待が国内外でも高くなっているが、それもあってか、2013年から今年まで5年連続で、ノーベル文学賞の発表の日に向けて、株価が特徴的な動きを見せている銘柄がある。

 それは、文教堂グループホールディングス(以下文教堂HD)である。

◆文教堂HDの決算

 文教堂HDは、書店チェーン大手で、関東を中心に事業を展開している。2016年10月、日本出版販売が筆頭株主になり、大日本印刷とも提携している。10月13日、文教堂グループホールディングスが発表した2017年8月期(2016年9月〜2017年8月)の連結経常損益は、1億2800万円の黒字(前期は7200万円の赤字)となった。また、直近3か月の実績である6-8月期の連結経常損益は9200万円の黒字(前年同期は1億4300万円の赤字)となり、売上営業損益率は前年同期の-2.0%から1.0%に改善した。さらに、業績予想によると、2018年8月期の連結経常損益は6.3%減益の1億2000万円となる見通しである。(参照:平成29年8月期 決算短信〔日本基準〕(連結))

 決算発表に先立つ12日には、同社は業績予想の下方修正を行った。修正理由として、「スマートフォンなどの携帯端末で閲覧 できる無料電子版の配信などの影響により、主にコミックの売上が低迷し、若干計画を下回り」、「店舗運営の効率化 による経費削減に努めたものの、売上高の減少により売上総利益が約 21 百万円減少したことによる」としている。(参照:業績予想の修正に関するお知らせ)

 10月13日の終値は405円、PER 239.83倍と非常に高い数字となっている。株価は、業績と比較して、高いと言える。

◆2013年から続く気になる株価の動き

 そんな文教堂HDだが、2013年から今年まで5年連続で、ノーベル文学賞の発表の日に向けて、株価が上昇しているのである。

 2013年、文教堂HDの株価は、ノーベル文学賞発表の日の直前に一瞬、200円から1〜2割ほど、ほんの少し上がってから下がった。2014年も同様であったが、上げ幅が大きく、200円から400円まで一瞬上がってから下がった。

 2015年と2016年は、どちらも、ゴールデンウイークの頃から株価が上がり始めて、ノーベル文学賞の発表の日の直前に下がった。2017年は、2016年の村上春樹氏の落選から株価が暴落した直後から、株価は上昇を開始し、ノーベル文学賞発表の2日前から下落が始まった。村上春樹氏の落選から、さらに株価は大きく下がった。

◆来年も「ノーベル文学賞」トレードは有効か?

 今年も村上春樹氏はノーベル文学賞を受賞できなかった。文教堂HDの株価は今年、ノーベル文学賞発表の2日前から下落したが、下落が始まるのが例年よりも1日あるいは2日早かった。投資家が利益確定を早めたからだと思われるが、村上春樹氏は今年ノーベル文学賞を受賞できないと考えるのが有力だったからかもしれない。

 ただ、世界最大規模のブックメーカー(賭け屋)である英「ラドブロークス」の受賞者予想で、村上春樹氏は2位であったので、村上春樹氏は依然としてノーベル文学賞の有力候補であることは間違いないだろう。

 それに村上春樹氏が毎年候補にあがりながら、落選してきたといって、また来年も落選するだろうと考えるのは間違いだろう。カズオ・イシグロ氏が日本出身なので、村上春樹氏が来年受賞できないだろうというのも根拠が乏しい。カズオ・イシグロ氏はイギリス人である。

 したがって、筆者は、文教堂グループホールディングスの株価の特徴的な動き、すなわち、村上春樹氏ノーベル文学賞トレードは、来年もあるのではないかと考えるが、どうなるだろうか?

 村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞した翌日に、文教堂グループホールディングスの株価が爆上げするのを見てみたいという気もする。

<文/丹羽唯一朗>