貯金「100万の壁」にぶつかる人の共通点

写真拡大

十分な収入があっても、貯金ゼロの人がいる。なぜ貯められないのか。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんによれば、「貯蓄額には100万円、500万円、1000万円の壁がある」という。3つの壁を越えるには、どのような戦略が必要なのか。まずは第1ステージ「U-100万円の壁」を突破する方法とは――。

■やみくもに貯めてもダメ 貯め方にはステージがある

この連載では「あなたとお金の生存戦略」をテーマにしていますが、今回は「貯め方のステージ」を考えてみたいと思います。

「お金を貯める方法」はその時の収入や生活環境などにより異なります。貯め方にはいくつかのステージがあり、それぞれ上手に貯めるためのコツと戦略があります。

■貯める第1ステージ「U−100万円の壁」

まず第1ステージとなるのが、「貯金ゼロから資産100万円」です。これを「U−100万円の壁」と名付けます。

貯金ゼロから100万円までお金を貯めるということは、稼いだお金と使ったお金との差が100万円あったということです。仕事を始め、年収の累計が1000万〜2000万円に達する頃になると、100万円を貯める余裕が生まれる人が多いようです。

「U−100万円」のステージにおいて、大事なこと。それはムダな消費をなくすことで、月の支出へ減らしていくことです。小さな「黒字額」を積み重ねて「100万円」に近づけるのです。貯金は泥臭くコツコツやるしかありません。このことを理解できない人は、30代以上になってもなかなか「U−100万円」のステージを突破できないでしょう。

▼「自動引き落とし」「給与天引き」は王道

節約以外に、100万円を貯めるために有効的なのは「自動引き落とし」「給与天引き」のシステムです。強制的に一定額を積み立て、取り崩すには面倒な手続きがともなう口座を活用します。天引きされることで給与が振り込まれた時点で、月の支出額にちょっと足りない厳しい状況を自ら作る。すると、日々の節約意識をより高まります。自分を追い込むのです。

財形貯蓄(一般)は、給与天引きでお金を貯める王道の手法です。会社に財形制度があればこれを活用しましょう。給与振込口座としている銀行で積立定期預金を行うことも効果的です。最近ではオンラインバンキングの口座から申し込みもできますので、給与振込日の翌日あたりに「引き落とし日」を指定するといいでしょう。

証券口座を開設し、銀行ないし証券会社に積み立て投資(投資信託を買う)をするのもいい方法です。こちらは解約が面倒になる分、できるだけ続けようという気になります。

また、キャッシングやリボ払いをする習慣がある人は100万円の壁をまずクリアできないと思ったほうがいいでしょう。そんな緩い気持ちでは100万円は永遠に貯まりません。の100万円の壁を乗り越え、次のステージに行く人のほとんどはリボ払いや消費者金融、銀行系カードローンなどを利用していません。

■100万は貯められても500万は貯められない人

■貯める第2ステージ「500万円の壁」

100万円を貯め、貯金のペースもつかめてきた。しかし、なかなか突破できないのが500万円の壁です。なぜなら、お金を使うことも増えてくるからです。

200万〜300万円くらい貯めたけれど、結婚資金として使った。あるいは、新車に買い換えた、といったケースです。必要なもの、どうしても欲しいものを購入したのですから、「無駄遣い」ではありません。しかし、一度貯まったお金は消えてしまうことになります。当たり前の話ですが、またイチから貯め直しです。

ふたつめの壁を「U−500万円の壁」と名付けてその突破方法を考えてみます。

「U−100万円の壁」を何歳くらいで突破するかにもよりますが、自分の人生をきちんと長期スパンで考えられなければ「U−500万円の壁」を越えるのは難しいでしょう。

というのも、数百万円前後の“資金ニーズ”を果たすための貯蓄というのは、「その後」を見据えていく必要があるからです。「結婚」「子育て(出産)」「住宅購入」……。出費がかさむイベントが山積みなのだという意識があれば、「貯めてはゼロにする」という繰り返しは避けようか、という気持ちになりますし、仮にお金を使ったあとも再び貯め始めるモチベーションを持つことができます。

少なくとも「貯金ゼロからのリスタート」の癖をつけないほうが「U−500万円の壁」突破に近づきます。例えば100万〜200万円くらいは非常時の生活資金として残し、さらに数百万円をためて資金ニーズを最小限に抑えるような発想を持つ必要があります。

▼「子供名義の銀行口座や証券口座」を作ることも有効

まとまったお金を持つことは、さまざまなリスクへの備えにもなります。たとえば会社を辞めざるを得なくなるリスクは誰にでもありますが、「自己都合」で辞めることになると3カ月プラス7日間は失業手当をもらうことができません。つまり「約100日をやりくりするカネ」がないと、食いつなぐこともできなくなってしまうのです。非常時に備えて、ある程度まとまったお金は口座に置いておくべきです。

また、「子供名義の銀行口座や証券口座」を作ることも有効です。特に「子供の教育費」の専用口座を持つと、心理的に解約しづらくなります。さらに、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」のように60歳前の中途解約が禁じられている口座(その代わり税制優遇は強力)を活用するのも「U−500万円の壁」を超える力となるでしょう。

■「U-500の壁」をクリアできる人の習慣

500万円の大台に乗せるには他にも工夫が必要です。

「自動引き落とし」「給与天引き」のシステムを継続することはもちろんですが、それに加え、少しでも家計に黒字が生まれたら、すぐに「追加入金」する習慣を身につけましょう。特に貯金のペースアップに欠かせないのは「ボーナスからの追加入金」です。例えば、毎月1万円の定期積み立てのほかに、年2回のボーナスごとに18万円ずつ入れられる人は「実質月4万円、年48万円」のペースで貯金が増えることになります。「U−500万円の壁」を本気で突破したいならば「貯金年50万円」くらいのスピード感がほしいところです。

資産が200万〜300万円くらいあると投資にも興味関心がわいてきます。投資をすることは差し支えありません。ただし、投資の収益に過剰に期待してはいけません。年3〜4%程度のリターンがあれば「御の字」と考えるくらいがちょうどいいでしょう。

「U−500万円の壁」をクリアしたら、次はいよいよ「U−1000の壁」。後編に続きます。

(企業年金コンサルタント/ファイナンシャル・プランナー 山崎 俊輔)