伝説のキャバ嬢の風格! 主演を務める夏菜/撮影=大川晋児

写真拡大

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」で毎週月曜夜10時から放送、そして10月15日よりABCテレビでも放送がスタートした夏菜主演の「ハケンのキャバ嬢・彩華」。

【写真を見る】グラビアでは胸元あらわ&腰までザックリのセクシーなドレスで魅了!/撮影=大川晋児

本作は、夏菜演じる主人公の御倉花が昼間はひぐらし信用金庫の融資室受付として勤務するさえないOL、夜になると源氏名・一条彩華となり、客やホステスのトラブルを解決する「伝説のキャバ嬢」としてクラブ「セ・ラ・ヴィ」を舞台に大活躍するというドラマだ。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、本作にキャバクラ嬢役で出演するキャストにリレーインタビューを実施し、4回にわたって掲載する。

第1回は主演の夏菜が登場。自身のキャバクラ嬢姿についてや、誰にも負けないアピールポイント、もし指名するならどのキャストがいいか?など、さまざまな質問に答えてもらった。

――今回はAbemaTV主導のドラマとなりますが、インターネットテレビの連続ドラマということについてはどう思われますか?

やっぱり今はインターネットの時代だなと感じています。皆さんテレビを見なくなっていて、ネットの情報の方が広く知られるようになっていますよね。新しい試みですし、自由度が高いと言いますか、やっていいことの幅が広いなと感じました。

ABCさんでも放送されますが、見てくれる層も地上波のテレビとは少し変わってくるんじゃないかなと期待しています。

――そんな作品で主演ということについて、プレッシャーもあるんでしょうか?

はい…ヒシヒシとプレッシャーを感じています(笑)。でも全然それが重荷にはなっていないんですよ。こうやって取材していただいて、そういえば主演だったなと思うくらいで(笑)。

本当にみんなが助けてくれた現場だったので、引っ張っていこう!とも思っていなかったですし、やらなきゃ!というような気負いはありません。

――キャバ嬢という題材ですが、どことなくこのドラマは新しい感じがしますよね。

そうですよね! キャバ嬢ってドロドロ系のお客さんの奪い合いとか罵り合いのようなイメージでしたけど、今回はそうじゃなくて、ゲームで悪い客を成敗していくという勧善懲悪型のドラマなんです。「よく思いついたな〜!」って感心しましたし、やっていてスッキリしました(笑)。

それにゲームがあれば、いくらでも広がる題材なので、続編も期待できますよ。ゲームさえあれば!なので、皆さんから募集したいですね(笑)。

――見た目にギャップがあるそうですが、昼はどんな感じなんでしょうか?

銀行で働いている方は黒髪のおかっぱで、制服もきっちりボタンを上まで留めて、黒髪で絵に描いたような“真面目キャラ”です。それに銀行員のパートでは、上杉柊平くん演じる志田亮介との恋物語が中心になっていくので、かわいらしいというか、恋する乙女な感じが見られますよ。

――昼の姿も男性を手玉に取るようなかわいいキャラなんですか?

いえいえ! ごく普通の、どこでもいそうなキャラクターです。どちらかと言えば地味で、ビジュアルで人を魅了する感じではありません。でも、好きな人の前に立つと、かわいい乙女になる感じの子で、そこは魅力的ですよ。

――共演者もキュートな方やセクシーな方などいらっしゃいますが、共演者の印象はどうでしょうか?

そうなんですよ! グラビアを中心にやっていて今回が初ドラマです!という子もいたので、最初はどう接したらいいか心配だったんです。

でも、みんながずっと「ワー!キャー!」して親しみやすいし、天木じゅんちゃんがムードメーカーになってくれて、なっちゃん(岡本夏美)は太陽のような子で、気を使って周りを見てくれて。森咲智美ちゃんも過激なグラビアをやっていますけど、とってもフレンドリーでいじりやすい。

あと、増田有華ちゃんはじゅんちゃんの扱い方が上手で、役割分担がきっちりできていましたし、プラス思考の人しかいなかったんです。おかげですごく楽しく陽気に撮影ができました。

ほんこんさんもちょくちょくボケてきますし、木下ほうかさんも隙あらばアドリブを入れてこられるし、とても盛り上がった現場でした!

――では、他の女性キャストに比べて「私は●●が一番!」というアピールポイントはどこでしょうか?

やっぱり“女王様”感でしょうか。佇まいにしろ手先の動きにしろ「No.1」を張っている説得力と言いますか、すごみのようなものを見せたかったので、そこは誰にも譲れません。

――自分のキャラを含め、指名するとしたら誰でしょうか?

それは難しい質問ですね!(笑) でも、なっちゃんですかね。一番素直なキャラクターを演じているんですよ。あと、一緒にじゅんちゃんもいたらうれしい(笑)。彼女はいつまでもいじっていられます! 

――そのテーブルはすごく盛り上がりそうですね!(笑)

はい! 間違いないでしょうね(笑)。

――作品から離れて。季節的に秋ですが、夏菜さんにとって「●●の秋」といえば?

それは絶対に食欲でしょう! あと、ブドウですね。私、ワインエキスパートという資格に受かったので、この秋はワインをたくさん飲みたいと思っています。もともとお酒が大好きで、いいマリアージュ(組み合わせ)を探して食べるのが好きなんです。

これとこれを合わせたらおいしいだろうなって。それを考えるだけで楽しいですよ。

――それでワインを極めようと思われたんですか?

そうです! 何か1つ資格を持っていてもいいんじゃないかなと思っていて、本当はソムリエになりたかったんですけど、ソムリエになるには3年以上勤めないといけなくて。知識的には一緒なので、ワインエキスパートを取りました。

――ワインにちなんで、お酒での失敗談はありますか?(笑)

いっぱいあります! ここじゃ話せないものばかり!(笑) かわいいやつで言えば、お酒を飲んで、帰ってすぐに玄関で寝ているとか…。それは日常茶飯事ですね。朝寒くて、体が冷えて目覚めるんです(笑)。あと、酔って家に帰ってきて、水を飲もうと思って間違えて白ワインを飲んじゃったことも…。 

――…なるほど。気を取り直して、最後にこれからご覧になる視聴の方に見どころを教えてください。

これまで見たことがないような斬新なドラマですし、脚本がうまくできているなと思うんです。楽しいゲームがたくさん出てくるので、見てもらえれば飲み会にも使えると思いますし、女の子のきれいなおっぱいがたくさん拝めます(笑)。

でも、決して下品ではないので、女子も嫌悪感なく見られるドラマですよ。キャバクラの話なのに遠い世界の感じもしませんし、ぜひいろいろな方に見てほしいです。

ゲームはもちろん、友情あり、いざこざあり、いろいろありますけど、毎日うっぷんがたまっている人に見てほしいですね。見たら絶対スッキリするはずです!

必ず言う決めゼリフも面白くて、私自身はやらせたいなと思っていますので、ドラマを見た後はみんなで使ってください!(笑) 応援よろしくお願いします。