ダンスで脳が若返る(depositphotos.com)

写真拡大

 最近、ドイツの神経変性疾患センターの研究者らが「定期的に身体活動に参加している高齢者は脳の加齢による変化を食い止めることができる兆候が現れた」という研究結果を論文にまとめた。

 研究の概要は、63〜80歳の52名の健康な高齢者を対象に検討を行い、ランダムに2群に分けて、1群(26名)はダンス教室、別の1群(26名)は柔軟性トレーニングを、週1回合計18か月間実施した。

 その結果、両群とも脳の「海馬」領域の容量が増加した。ダンスを行なったグループはさらに、海馬の容量が増加し、さらにバランス能力も向上したという。

記憶を司る脳の「海馬」とは?

 海馬は脳の中でも近年、最も注目されている領域だ。脳の中にある小指ほどの領域であり、1958年にイタリアの解剖学者が「海馬(Hippocampus)」と名付けた。

 役割としては「記憶」を司ることがわかっている。てんかんの治療のために海馬を取り除く手術を行ったところ、以後その患者は長期記憶ができなくなってしまったことより、その役割が発見された。

 また「学習能力」にも関係しており、「海馬領域の減少はアルツハイマー病の原因」ともされており、さらに「心的外傷後ストレス障害」や「うつ病」の人は海馬が萎縮することが、今までの研究でわかっている。

 2004年に雑誌『Neurology』で<海馬は自然に10年ごとに2-3%の萎縮が生じている>との研究報告が出された。病気などがなくとも衰えていくこともわかっている。

 最近では身体のバランス維持にも影響があると言われている。バランス能力は、高齢者の転倒によるケガや、社会参加、Quality of Life(生活の質)に関わってくるため、海馬は脳の中でも非常に重要な役割を果たしているといえる。

運動は「脳の海馬」以外にも絶大な効果が

 海馬の萎縮を食い止めるものとして「運動」が近年注目されている。運動を行うことで、海馬そのものの萎縮を食い止めれば、記憶力や痴呆の防止につながるからだ。

 そのことを踏まえて冒頭の研究を行ったところ、同じ運動でも「ダンス」がバランス能力を向上させたという。つまり、ダンスを行うことで、海馬の萎縮を食い止めることが可能だということが今回の研究で実証されたことになる。

 論文の著者は、「ダンスの振り付けを覚えることが脳の活性化を担ったのではないか」とコメントしているのも興味深い。

 このように運動(ダンス)は脳や身体機能の向上だけでなく、他にも有効なことがある。たとえば「運動療法」は「痛み」、特に「慢性疼痛」に対して有効なことは専門家の中では常識になっている。

 世界疼痛学会のガイドラインでは、運動療法が「エビデンスでグレードA(効果が期待できる)」に推奨されており、運動の重要性がしっかりと明記されている。

 逆に「運動不足(Physical Inability)」は多くの慢性疾患を生み出す。2017年に発表されたある論文によると、少なくとも35個の慢性疾患が運動不足により生じるという衝撃的な結果が報告されている。

 その35個の中には「腰痛」「2型糖尿病」「肥満」「骨粗鬆症」「心不全」「脳卒中」「うつ病」「乳がん」「動脈硬化」などが含まれる。一見、運動不足と関係ない病気も含まれているが、これらは間違いなく、運動不足が一つの原因となっているのだ。

 「運動は薬だ(Exercise is Medicine )」。寿命が延びている現代社会では「健康に長生きすること」の重要性がますます増している。そのために運動が重要なキーワードになることは間違いなさそうである。
(文=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。