ドイツ・ニーダーザクセン州議会選挙の投票を目前に控え、選挙集会で演説する同国首相でキリスト教民主同盟(CDU)党首のアンゲラ・メルケル氏(2017年10月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドイツ北西部ニーダーザクセン(Lower Saxony)州議会選挙の投票が15日、行われた。先月行われた総選挙で、勝利こそ収めたものの精彩を欠いたアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の得票率に注目が集まっていたが、CDUは敗北を喫した。連立交渉を間近に控えているメルケル氏にとっては、手痛い結果となった。

 公共放送ARDとZDFの得票率予測によると、マルティン・シュルツ(Martin Schulz)氏率いる社会民主党(SPD)が37%を上回り、33.4〜34.3%のCDUを抑えた。

 連邦議会で初議席を獲得したばかりの極右・反イスラム政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は6%を得票し、同国16州議会のうち14州議会に進出を果たした形となった。

 自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が本社を置くニーダーザクセン州の州議会選挙がここまでの重要性を帯びたのは、先月の総選挙でメルケル氏の保守与党が過去数十年で最悪の結果に見舞われ、AfDが躍進してからわずか3週間後の投票実施となったことにある。

 メルケル首相は4選されたとはいえ、左派の緑の党(Greens)と財界寄りの自由民主党(FDP)との連立を余儀なくされており、この政治の「ポーカーゲーム」は来年まで長引く恐れもある。

 識者らは同州議会におけるCDUの敗北で、18日から首都ベルリン(Berlin)で始まる連立交渉でメルケル氏の立場が弱まる可能性もあると指摘している。
【翻訳編集】AFPBB News