RENAは「年末は絶対に優勝するので、男の中の男たち、女の中の女たちの戦いを“見に来いや!”」と大会を締めくくった

写真拡大

九州初上陸となる総合格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-」が10月15日、マリンメッセ福岡で開催された。

【写真を見る】RENAはリラックスした表情で入場する

“ツヨカワ女王”RENA選手(SHOOTBOXING/シーザージム)、「無敗の神童」那須川天心選手(TARGET)の2試合がフジテレビ系で生中継され、両者ともに勝利。「RIZIN」戦績はともに5戦全勝となった。

RENA選手は、「RIZIN」初となる女子によるメーンイベントに登場し、女子スーパーアトム級トーナメント1回戦でアンディ・ウィン選手と対戦。ウィン選手が前日計量で250gオーバーという失態を犯したが、RENA選手が250gオーバーでの試合を受け入れたため、通常の公式トーナメントとして行われることに。

1R中盤にスタンド状態でバックを取られたRENA選手は、落ち着いてポジションを転換すると、打撃でウィン選手をコーナーに追い込む。最後はパンチのラッシュからひざ蹴り、左ボディーでダウンを奪い、レフェリーストップで勝利(1R 3分5秒 TKO)を収めた。

試合後、RENA選手は「シュートボクシング、そしてRIZINのRENAです。まさか今日のメーンに選んでいただけるなんて、本当に夢にも思いませんでした。何とかKOで勝ち上がることができて本当にうれしいです。ありがとうございます。年末、絶対に優勝するので、男の中の男たち、女の中の女たちの戦いを“見に来いや!”」と、RIZIN統括本部長・高田延彦の決めぜりふで観客を沸かせた。

同トーナメントは浅倉カンナ選手がシルビア・ユスケビッチ選手に、マリア・オリベイラ選手がアリーシャ・ガルシア選手に判定で勝利。レスリング元世界女王・山本美憂選手は、アイリーン・リベラ選手の腕十字固めにタップ(2R 2分26秒)し、1回戦で敗退となった。準決勝、決勝は12月に行われ、RENA選手はリベラ選手、朝倉選手はオリベイラ選手と対戦する。

また、セミファイナルでは那須川選手がアマチュアボクシング5冠の藤田大和選手と対戦。1Rに左ストレートでダウンを奪うも、2Rにはテークダウンを奪われ防戦に。最後まで激しい打撃戦を展開したが時間切れに終わり、判定で那須川選手が勝利した。

那須川選手は「総合(格闘技)で初めて判定で、ちょっと苦戦して、藤田選手がすごく強かったので、こういう試合になりました。初めての地方の試合で不安があったり、いつもより緊張して戦ったんですけど、勝利をつかむことができてうれしいです。格闘技が盛り上がっていけばいいと思います。みんなの先頭に立てるように頑張っていきます。皆さん、俺について来い!」と勝利を喜んだ。

ほか、桜庭和志選手とフランク・シャムロック選手のレジェンド対決は、グラップリングルールながら一度もグラウンドにならず時間切れ引き分け。2015年大みそかの大会をキャンセルし、「RIZIN」初参戦となるジェロム・レ・バンナ選手は、ロッキー・マルティネス選手のけさ固めにタップした(1R 2分10秒)。

次回大会「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」は、12月29日(金)、31日(日)に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される。