杉本健勇が止まらない!2人を相手にしながらの「超ゴール」を見よ

写真拡大

J1第29節の中で、最後に行われたサガン鳥栖対セレッソ大阪戦。

試合は1-2でC大阪が逆転勝利するのだが、杉本健勇の同点ゴールが素晴らしかった!

0-1とリードされ迎えた25分、清武弘嗣のクリアに反応した杉本。

鳥栖の選手がクリアミスしたのを見るとそのままボールを運び、跨ぎフェイントから藤田優人を股抜きでかわすと、そのまま左足でシュート!

最近の杉本らしい、ゴール前での余裕を見せつける見事な得点だった。

この日のゴールによりJ1での得点数が「17」になった杉本。これは小林悠と並び2位タイであり、1位の興梠慎三に2点と迫っている。この日、他会場では小林が2点をあげており、得点王争いは熾烈をきわめそうだ。

試合後、杉本は「同点弾だったので、『もう1点、取りに行こう』ということで。とりあえず、あの時間帯に追い付けたことは、チームとしても良かったと思います。結果として勝てたので良かったです」とコメント。

また、シュートがイメージ通りだったかについては「相手も2枚いたんですけど、股というか、あのドリブルはイメージどおりでした。シュートはあんないいところに行くとは思わなかったです(笑)」と振り返っている。