おにぎりの写真をSNSに投稿するとアジア・アフリカの子供たちに給食5食が提供されます / お〜いお茶も一緒に写すと10食に増えるよ!

写真拡大


身近な食べ物「おにぎり」。そのおにぎりが社会貢献につながる「おにぎりアクション2017」がスタートしました。

これは国連が制定した10月16日の「世界食料デー」にちなんだキャンペーンで、世界の食料・健康問題の解決に取り組む『TABLE FOR TWO』が行なっています。

おにぎりの写真に「#OnigiriAction」をつけてSNSに投稿、またはサイトへ投稿すると、主旨に賛同した企業や支援者から、アフリカ・アジアの子供たちに届ける給食5食分(100円)が寄付されます。

また、おにぎりと伊藤園「お〜いお茶」を一緒に撮った写真に「#OnigiriAction #おーいお茶」をつけて投稿すると、伊藤園から給食10食分が寄付されるんですって。

【何度でも写真を投稿できます】

「おにぎりアクション2017」の開催期間は2017年11月15日まで。その間は何度でも「おにぎり写真」を投稿できるそう。

公式サイトでは、地図上におにぎり写真が掲載されていて、世界各地から寄せられた写真を見ることができますよ。

【既製品のおにぎりでも、自分が写っていなくても◎】

おにぎりは自分で作ったものはもちろん、既製品でもOK。また自分の姿が写っていなくても問題はなく、おにぎりだけが映った写真でも参加できます。

キャンペーンに対応しているSNSは、フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、フィンクの4つ。こうしている今もどんどん、地図上にはおにぎり写真が増えていっています。

【レッツチャレンジ!】

おにぎりさえあれば参加できます。1人でも多くの子供たちに、美味しい給食が届きますように!

参照元:おにぎりアクション2017、Instagram @tablefor2_official
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら