イベント最終回となる3回目に登場した宇賀なつみアナ(右)と、林美沙希アナ(左)/(C)テレビ朝日

写真拡大

「テレビ朝日アナウンサー2018年カレンダー」の販売開始を記念し、松尾由美子アナ、矢島悠子アナ、本間智恵アナ、宇賀なつみアナ、林美沙希アナ、山本雪乃アナ、紀真耶アナ、森川夕貴アナ、そして新人の三谷紬アナによるトークショー、ならびに手渡し会が10月14日に東京・六本木のテレビ朝日本社1Fアトリウムの特設ステージで行われた。

【写真を見る】竹内由恵アナらテレ朝の人気女子アナがこちらをのぞいてる感覚が味わえる/(C)テレビ朝日

すっかり秋めいた気温に雨模様にもかかわらず、東京近郊だけでなく大阪や愛知など遠方から駆け付けた人など、およそ200人のファンがイベント開演前からずらっと並ぶ中、アナウンサーたちが登場すると、会場からは自然と拍手が起こった。

トークショーでは、カレンダーの撮影裏話や、ゲームコーナー、普段はあまり語られないプライベートの話題で盛り上がり、終始和やかな雰囲気に包まれたイベントとなった。

この日、1回目のイベントには松尾アナ、本間アナ、山本アナ、森川アナの4人が登場。なかなかテレビでは見られないアナウンサーの一面を見るため、お題に合わせて4人がトークをしながら「ワードウルフ」を推理するミニゲームが行われた。

今回のイベントでは、イベント参加者からの質問コーナーが設けられ、集まった人々からさまざまな質問や要望が寄せられた。

「言葉を操るアナウンサーとして、方言を披露してほしい」という質問に対し、宮崎出身の松尾アナが「すごくおいしい!」という意味の「てげおいしっちゃがー!」という宮崎の方言を披露し、会場を沸かせた。

この日、2回目のイベントに登場したのは、矢島アナ、本間アナ、山本アナ、紀アナ。アナウンス部カレンダー担当の矢島アナと本間アナが参加したこの回は、カレンダーのコンセプトや撮影秘話などが詳しく説明された。

今回の壁掛けカレンダーのコンセプトは「物語の扉が開く」。それぞれの月に登場するアナウンサーの写真スライドを見ながらコンセプトや撮影時の様子を詳しく説明し、ページをめくるごとに会場からは感嘆の声が。

山本アナはカレンダーの8月に登場。撮影時に雨の“濡れ感”を演出するため、スタッフが大量の霧吹きを山本アナに吹きかけたエピソードが会場の笑いを誘った。

この回のイベント参加者から寄せられた要望は「矢島アナの眼鏡姿を見てみたい」というもの。それに対し、矢島アナが急きょカメラマンの眼鏡を借りて対応し、レアな眼鏡姿を披露した。

そしてイベント最終回となる3回目に登場したのは宇賀アナ、林アナ、三谷アナ。「○○な秋といえば?」というトークテーマから、宇賀アナは「食欲の秋」、三谷アナは「スポーツの秋」とそれぞれ印象的なエピソードを語る中、もうすぐハロウィーンということで三谷アナの学生時代の仮装姿の写真などが紹介され、会場全体から歓声が上がった。

会場からの「電車の車掌の仕事していて、アナウンスでかんでしまうのですが、かまないいい方法はありますか?」という質問に対し、宇賀アナは「私もかまない方法を知りたいです」と前置きした上で、「朝早い仕事は口も寝ぼけているので口の準備運動をします」という女性アナウンサーならではの習慣を披露。「ただ、最後は絶対にかまないという強い思いです」という根性論を展開した。

このエピソードを受けて「かんだ後こそ大事。一度かんだことを引きずっているとどんどんミスを重ねてしまうので、切り替えが重要と自分に言い聞かせている」と林アナ。

「先日ニュースで初めて一度もかまなかったことが本当にうれしくてスキップしながら帰社した」という、新人アナらしい初々しいエピソードを披露した三谷アナが「かんでしまっても強い心を持ちましょう!」と質問者に対してアドバイスし、イベントを締めくくった。