【極秘伝説】ビートたけしの秘密と逸話を大発表! アウトレイジでのバカヤローコノヤローの回数

写真拡大 (全5枚)

日本を代表するお笑い芸人であり、タレントであり世界で活躍する映画監督でもあるビートたけしさん。10月7日には北野武監督の映画最新作「アウトレイジ 最終章」が公開され、現在最も注目を集めている人物だと言っても過言ではないでしょう。

ビートたけしさんの知られざる秘密を発表!



たけしさんはこれまでにさまざまな人気番組や映画作品を世に残し、その一方でフライデー襲撃事件やバイク事故などのトラブルも多く、日本の歴代のお笑い芸人の中で最も伝説とも言えるエピソードを残した人物だと言えるでしょう。今回はそんなたけしさんの知られざる秘密やエピソード、逸話、トリビアなどを厳選してご紹介します。

1. オバケが出たから番組出演をドタキャン

1980年代の人気番組「オレたちひょうきん族」に出演していたたけしさんですが、番組の晩年は「家にオバケが出たから」と理由で何度も収録をズル休みしたことがあります。収録を無断で休むなんて普通なら芸人生命に関わる大問題ですが、それを笑いとして昇華させてしまうたけしさんはさすがとしか言いようがありません。

2. ゾマホンにニ代目そのまんま東を襲名させた

たけし軍団のそのまんま東さんが宮崎県知事となり、軍団を脱退して本名(東国原英夫)での活動を始めた関係で、そのまんま東という名前の芸人がたけし軍団からいなくなってしまいました。

すると2007年、外国人タレントでたけしさんの付き人を務めていたゾマホンさんに「ニ代目そのまんま東」を襲名させたのです。ただし、たけしさん本人もテレビ番組で「ゾマホン」と呼んだり、2011年にゾマホンさんが駐日ベナン大使に就任したのをきっかけに返上されました。



3. 若い頃に通った居酒屋でのエピソード

たけしさんが若い頃に通った浅草のとある居酒屋がテレビ番組に登場したのを偶然見ていたたけしさん。その居酒屋の壁にはたくさんの芸人のサインが書かれていたのですが、壁の中心をたけしさん用のスペースとして確保されていたのでした。すると放送直後にたけしさんは弟子を連れて店を訪れ、そのスペースにしっかりとサインを書き入れたのです。

4. たけしが嫉妬する人物とは?

たけしさんは嫉妬する人物として、仕事以外のすべての楽しみ方を教わったとして所ジョージさん、本当はお笑いじゃなくてこういう音楽をやりたかったのかもしれないとして甲本ヒロトさん(THE BLUE HEARTS/ザ・ブルーハーツ)をあげています。

5. 子役を上手に起用した撮影

映画「菊次郎の夏」では子役が何人か登場しますが、走るシーンがどうしても演技っぽくなってしまうため撮影に苦労していました。そこでたけしさんが「あそこの牛乳屋にアイス売ってるから、お小遣いやるからみんなの分も買ってこい」と言うと、子役は全力でダッシュ。そのシーンを隠し撮りして実際に起用することで、演技っぽくないシーンを撮影できたそうです。

6. バイク事故の第一発見者は諸星和己

1994年にたけしさんが起こしてしまったバイク事故は発見が遅れれば命を落としていたとも言われるほど壮絶なものでしたが、その事故現場の第一発見者はアイドルグループ・光GENJIの諸星和己さんでした。ただし、たけしさんは事故の前後のことはまったく記憶に残っていないのだそうです。



7. 松村邦洋のモノマネに激怒したことがある

お笑い芸人の松村邦洋さんはたけしさんのモノマネを得意としていますが、テレビ番組でたけしさん本人の前でモノマネを披露し、たけしさんに激怒されてしまったことがあります。ただし、その怒った内容は「顔が逆だよ!」と言うもの。たけしさんはバイク事故の影響で口が少し引きつってしまうことがありますが、その左右が逆だと怒ったのでした。

8. たけしの挑戦状の発売日はフライデー襲撃事件の翌日

たけしさんがフライデーの編集部に殴り込んだ襲撃事件の翌日に伝説のクソゲーと評される「たけしの挑戦状」が発売されました。ゲーム自体は予定通り発売されましたが、CMは放送中止。用意されていたCMはゲーム攻略のヒントが含まれていたのですが、それがお蔵入りとなってしまったこともあって、ゲーム攻略が余計に難しくなったとされています。



9. たけしの挑戦状の開発エピソード

「たけしの挑戦状」の開発にたけしさんはどのくらい関わったのか気になりますよね。たけしさん本人は「喫茶店で1時間話しただけのゲーム」だとコメントしたことがありますが、実際は何度も打ち合わせを行い、大学ノートいっぱいにネタを書き溜めていました。

開発陣はそれらを採用したらまずいことになるとわかっていながらも、たけしさんが言っているのだからとできる限りネタを採用した結果、まともにはクリアできない難易度のゲームになってしまったそうです。

10. たけしの挑戦状でアウトレイジが登場している?

たけしの挑戦状のゲーム内に登場する映画館では「やくざ 対 やくざ」という映画が上映されています。ビートたけし、やくざ対やくざ…と言えばまさにアウトレイジ。アウトレイジ公開の24年前から、もしかしたらたけしさんの頭の中ではアウトレイジの構想ができていたのかもしれません。

11. アウトレイジでのバカヤローコノヤローの回数

映画作品「アウトレイジ」シリーズは過去に2作品発表されていますが、全編を通じて何度も「バカヤロー」「コノヤロー」と言い合うシーンが印象的ですよね。いったい何回発せられているのか気になりませんか?

第1作の「アウトレイジ」ではバカヤローが16回、コノヤローが48回、第2作の「アウトレイジ ビヨンド」ではバカヤローが11回、コノヤローが34回。シリーズ通じて合計109回ものバカヤローコノヤローの応酬があったのです。最新作「アウトレイジ最終章」ではいったい何回のバカヤローコノヤローがあるのか、こちらにも注目したいですね。



まだまだ紹介できないほどのエピソードが!



今回紹介できたのはあまりにも多すぎるエピソードの中から厳選した11のネタのみ。たけしさんのすべてを記事にするのなら、あと3000本は作らないととても紹介しきれないでしょう。そしてきっと、まだまだこれからもたくさんの伝説を生み出してくれるはず。ビートたけしさんのこれからのさらなる活躍に期待したいですね!

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/