寄居駅は秩父鉄道秩父本線、東武鉄道、JR八高線の接続駅です

寄居駅は秩父鉄道の管理駅、3社線が改札を供用する共同使用駅です。

まず東武鉄道東上本線の車両が見えてきました。

中央が秩父鉄道のホーム、右に東武鉄道東横線のホーム、左にJR八高線のホームが見えます。長い跨線橋が3社のホームを結んでいます。

秩父鉄道ホームには秩父鉄道7000系電車(元東急電鉄8500系)が列車交換を待っています。

駅名標、向こうは東武鉄道のホーム、東上本線は寄居が終点。

こちらはJR八高線の駅名標。

寄居を出発すると次の桜沢駅の手前まで秩父本線(電化)とJR八高線(非電化)が並走します。

八高線はそのまま北上、秩父本線は右にカーブして

すぐに桜沢駅。デハ100形103号機の貨物列車と交換。

駅名標、ヲキ100形貨車(鉱石運搬用ホッパ車)は空の様ですね。ヲキ100形貨車は全車両が太平洋セメントの私有貨車です。

小前田駅。おまえだ!って聞こえちゃいます。

本線に沿ってたぶん秩父方面が右の単式ホームで左の島式ホーム1面2線が熊谷・羽生方面かな。ちょっと分かり難いのですが、秩父方面行列車が幽かに見えています。

秩父鉄道6000系電車のリバイバルカラーが定期急行秩父路で入線してきましたが、単式ホーム側ではなく島式ホーム側に来ます。

復路では単式ホームに入りました。単式ホームの駅名標。

小前田駅から約2.3km、国道140号線の手前です、新駅「ふかや花園」が建設中でした。2018年(平成30年)10月の開業予定です。周囲は農地ですが、花園プレミアムアウトレットなどの商業施設が計画されている様です。

望遠で撮っているので短く見えてしまいますが、ホームは110mあってSLパレオエクスプレスが停車できます。

新駅予定地から1.1kmで、長田駅です。

ここも単式ホームと島式ホームの2面3線で小前田駅とよく似ています。

島式ホーム上の駅名標。

駅名標を見ても分かる様に次は武川駅です。貨物線の三ヶ尻線が分岐します。【私鉄に乗ろう 22】 秩父鉄道秩父本線 その6 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)