博多めん街道で孤軍奮闘する札幌ラーメンの店「どさんこ」(記者撮影)

福岡の名物料理といえば、真っ先に「とんこつラーメン」を思い浮かべる人は多いだろう。豚骨ベースの乳白色のスープと細い麺が特徴で、「一風堂」「一蘭」のように日本国内どころか海外にもチェーン展開する店も多い。

9月のある月曜日の午前11時すぎ、福岡の玄関口・JR博多駅は、多くの女性でごった返していた。前日の夜に福岡ヤフオク!ドームで人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のライブを堪能し福岡市内に宿泊した全国の女性ファンたちがこれから新幹線で、あるいは博多駅から福岡空港に向かって帰路に就くのだ。

せっかく福岡に来たのだからとんこつラーメンを食べて帰りたいのだろう。駅ビルの2階にあるレストラン街「博多めん街道」では、まだ昼前にもかかわらず、「だるま」「一幸舎」といったとんこつラーメンの名店に大行列ができていた。

観光客は素通り、地元客で満席

ところが、その中で客足がまばらな店があった。看板には大きく「どさんこ」の文字。道産子(どさんこ)とは北海道在来の馬や北海道出身者を意味する。「札幌ラーメン」を出す店だ。正式店名は「博多川端どさんこ」。メニューには「みそラーメン」「塩バターラーメン」といった札幌ラーメンの定番が並ぶ。

観光客の多くはこの店の前を素通りする。それはそうだろう。わざわざ福岡に来たのに札幌ラーメンを食べようとは、普通思わない。しかし、12時を過ぎた頃から少しずつ客が増え始め、店内はほぼ満席となった。店内の様子を見ると、手ぶらでワイシャツ姿の男性が多い。近隣オフィス街のビジネスマンなのだろう。それにしても、JR博多駅になぜ札幌ラーメンの店が出ているのだろうか。

博多めん街道を運営するのはJR九州(九州旅客鉄道)の子会社、JR博多シティだ。同社で博多めん街道のテナント営業を担当する大庭敏夫・営業部主査に話を聞いたところ、答えは明快だった。「その味にほれ込んだから」。札幌の有名店を誘致したのではなかった。大庭氏が地元の人に話を聞いて回り、自身も博多の著名なラーメン店をいくつも食べ歩いて、「これならいける」と判断したのが、川端どさんこのラーメンだったのだ。

確かに、中洲の対岸、上川端町にある川端どさんこは昼時には20〜30人の行列ができる人気店であり、その味は保証付きだ。そもそも、この店は、なぜ博多の地で札幌ラーメンを出しているのだろうか。川端どさんこを運営する岩永商店の岩永太郎代表に話を聞いた。

1974年生まれの岩永氏は博多生まれの博多育ち。川端どさんこが創業したのは1970年というから、岩永氏が生まれる前だ。「当時、博多は北海道ブームで、北海道料理が人気でした」と岩永氏は言う。そんな折、岩永氏の父・倫夫氏が知人から「札幌ラーメンの店をやらないか」と誘われた。倫夫氏は雇われ店長として厨房で腕を振るった後、オーナーである知人から店を譲り受けた。

岩永氏は子供の頃からラーメン作りを仕込まれていたが、「博多は独立独歩の精神を大事にしているので」(岩永氏)、大学卒業後は上京してアパレル関係の会社に就職。しかし、両親の「帰ってきて店を手伝ってほしい」という声に心を動かされ、2000年に帰郷、それからまもなくして倫夫氏から経営を引き継いだ。

東京からの出張者が最初の顧客

ところで、札幌ラーメンのスープはみそ味や塩味が主流で、麺の太さもとんこつラーメンとは異なる。なぜ博多で札幌ラーメンが受け入れられたのだろうか。

その理由を岩永氏が明かす。創業期の北海道ブームが一段落した後の主要な顧客層は、1975年に山陽新幹線の全通で東京から出張でやってきたビジネス客だったという。「当時のとんこつラーメンは今ほど濃くなく、逆ににおいが強くて、関東の人の口に合わなかったようです。それで関東の人が福岡出張時に食べられるラーメン店があるという話が口コミで広がり、しだいに地元の人も足を運んでくれるようになりました」。


博多っ子がほれ込んだ川端どさんこのラーメンとやきめし(写真:JR博多シティ)

もちろん岩永氏も博多っ子に好まれるように味の改良を続けた。みそやしょうゆなどの調味料は福岡産や九州産を使用。努力を続けた結果、地元に受け入れられるようになり、今では「川端どさんこは札幌ラーメンを博多のソウルフードまで高めた」(地元誌)とさえいわれる。ちなみに一番人気は「特製みそラーメン」。「やきめし」も人気だという。

さて、話は博多めん街道に戻る。このレストラン街は2009年にオープンした。とんこつラーメンを主軸としつつも、「めん街道」という名前のとおり担々麺や皿うどんなどほかの麺類の名店も入っている。「博多にはとんこつラーメン以外にも麺類の名店が多いので」と、前出の大庭氏はテナント構成について説明する。

ターゲットとする顧客層は観光客や新幹線出張でやってきたビジネス客。折からのインバウンドブームで外国人客も順調に増えている。だが、大庭氏はそれでは満足しなかった。「観光客頼みだけでは客足の波が大きい。地元の人も通ってくれるような店を入れたい」。

大庭氏が地元の人に聞いて回ったところ、真っ先に名前が挙がったのが「川端どさんこ」だった。地元の老舗で、店舗は上川端町にある1店のみ。行列ができる店として有名だ。もし博多めん街道に出店してくれれば、地元の人は間違いなくやってくる。


博多川端どさんこを運営する岩永商店の岩永太郎代表(左)と博多めん街道を運営するJR博多シティの大庭敏夫氏(右)(記者撮影)

岩永氏に初めて出店を打診したのは、「2〜3年前の春ごろ」(大庭氏)。岩永氏は首を縦に振らなかった。店を出さないかという話は他社からそれまで何度もあったが、岩永氏はすべて断ってきた。「川端の1店だけで十分食べていける」と思っていたからだ。

しかし、大庭氏はあきらめずに何度も足を運び続けた。岩永氏は提案を聞いているうちに少しずつ心が動き、ついに出店を決めた。

客の満足度は顔を見ればわかる

博多めん街道にやってくる観光客の多くはとんこつラーメンを食べたいはず。そこへ札幌ラーメンの店を出すのは不安もあったのではないか。これについてを岩永氏は言下に否定した。「売り上げ1位になろうとは思っていませんから」。

岩永氏の信条は「いい仕事をしたい」。それだけだ。しかし、昨年6月に博多めん街道に初出店した際、今の場所とは違う仮店舗での出店だった。その場所は設備上の理由から強い火力を出せない。そのため、人気メニューの1つ、やきめしの出来栄えが思うようにならなかった。

やきめしを食べた客の顔が気になった。「長年この商売をやっていると、お客様が料理に満足しているかどうかは顔を見ればわかります」。もっと、火力が欲しい。岩永氏は悔しかった。

今年4月、店舗が現在の場所に移転し、十分な火力が得られるようになった。ようやく思いどおりのやきめしが作れるようになり、岩永氏は食べ終えて店を出る客の笑顔に手ごたえを感じた。それと前後して、「あの川端どさんこが博多駅に店を出したらしい」「川端まで行かなくても食べられる」。博多駅周辺のオフィス街で話が広まり始め、ようやく地元客を中心に客足が増えてきた。


博多めん街道ではとんこつラーメンの名店がしのぎを削る(記者撮影)

相変わらず観光客は素通りしているが、大庭氏は「最近では、関東でも話題らしいですよ」と話す。もし、「博多駅の札幌ラーメン」を求めて全国各地から客がやってくる日が来るとしたら、それはご当地ラーメンの枠を超えて味が評価された証しである。その日はそう遠くない時期に訪れるかもしれない。