「今からあなたを脅迫します」第2話で、高月彩良が歌声を響かせる/(C)NTV

写真拡大

10月15日にスタートした、ディーン・フジオカ×武井咲のW主演ドラマ「今からあなたを脅迫します」(毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系)の第2話に、大後寿々花と高月彩良がゲスト出演することが分かった。高月は、ガールズユニット・bump.y“全員卒業”の2014年6月以来、3年ぶりに歌声を披露する。

【写真を見る】破壊力抜群! 大後寿々花&高月彩良がキュートな制服姿で弾き語り/(C)NTV

本ドラマは藤石波矢の同名小説シリーズを映像化。脅迫で依頼人を救う“脅迫屋”の千川完二(ディーン)が、変人級の善人で女子大学生・金坂澪(武井)と出会うことから、振り込め詐欺から誘拐事件までさまざまな事件を2人で解決するポップなクライムミステリーだ。

高月は、1年前に自殺した人気シンガーソングライター・ERu役。ERuは、週刊誌に「ゴーストライターがいる」というデタラメな記事を書かれたことが原因で自殺に追いやられた。

彼女の親友・沙和子(大後)が、週刊誌の編集長に彼女の名誉を取り戻す記事を書かせてほしいと、ディーン演じる“脅迫屋”千川にお願いしたことから物語は始まる。

高月はカリスマ的人気を誇る歌姫でありシンガーソングライターという役柄のため、ドラマの中で美しい歌声を披露。さらに、ERuと沙和子は高校時代からの親友ということで、高校時代の回想シーンでは2人が制服姿も披露している。

また、第2話ゲスト2人の他、“爽やかな国会議員”新戸部文夫を袴田吉彦が演じることも発表された。袴田演じる新戸部は、「将来の首相候補」ともいわれる人気議員。今後、物語のカギを握る役どころでもあり、どのような形で千川(ディーン)や澪(武井)と絡んでいくのかが注目される。

■ 10月29日(日)第2話あらすじ

千川に弱みを握られた澪は、脅迫屋の仕事を手伝うことに。依頼人は1年前に自殺した人気シンガーソーングライター・ERuの親友だという笠谷。

週刊誌にゴーストライターがいるというデタラメ記事を書かれたことが原因で自殺に追いやられたERuのため、編集長の茂木琢磨(小木茂光)を脅し、彼女の名誉を取り戻す記事を書かせてほしいという。

脅迫行為に反対する澪だが、千川は茂木の欲しがるスクープをつかんで取引すれば、脅迫にはならないと主張。千川の言うことを信じた澪は、若手人気俳優とのスキャンダル写真を捏造(ねつぞう)するために利用される。しかし、茂木が偽スキャンダルにだまされるはずもなく、“千川砲”はあっけなく撃墜され…。

不満を感じつつ、千川の命令で沙和子の元に中間報告へ行った澪は、沙和子とERuの深い友情を知り、お人よし心に火がつく。

その頃、お金を使って茂木を脅すある作戦を思いついた千川と目黒(三宅弘城)、栃乙女(島崎遥香)は、無駄にお金を持っている澪をだまし、茂木に再取材をさせる費用と称して300万円渡すよう説得するが、澪は何でもお金で解決する人間になりたくないと拒否。

お金を出すこと以外に自分にできることはないかと考えるが、名案は浮かばなかった。そんな中、澪はアパートの隣人・カオル(鈴木伸之)から、人助けのためなら怖がらずに自分にできることをすればいいと背中を押される。

茂木に取材費用として300万を渡し、再び記事を書いてほしいと頼みに行く澪だったが、そこに千川が現れる。

千川は茂木の前に置かれた300万円を指し「これは茂木にERuのガセネタを流したネタ元を脅して得たお金だ」とハッタリをかますのだが…。