あさくら画廊(辻 修平)

写真拡大

日本唯一の「アウトサイダー・キュレーター」である櫛野展正氏は、これまで展覧会の開催やメディアでの紹介を通じて、社会の「周縁」で活動を続ける表現者を紹介してきた。

そうした活動の中で、継続的に行ってきたのが『櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問ツアー』と称した、参加者と表現者の自宅やアトリエを訪問する日帰りツアーである。

今回、日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダンダイバーシ ティ・イン・ジ・アーツ)」の関連プログラムの一環として、「櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問 関東版」が開催される。

表現者の元を訪問し制作の背景などについて対話することは、美術館では味わうことのできない生々しいリアリティを体感する場となることだろう。

<紹介予定アーティスト>
●菅野武志「似顔絵コインランドリー」
1936年生まれ。東京都在住。
自身のコインランドリー店に自作の似顔絵を自身のコインランドリー店に貼ったところ話題に。これまで1000人以上の有名人の似顔絵を描き、「似顔絵コインランドリー」として都内に4店舗を構える。

●武装ラブライバー(トゥッティ)
高校3年生のとき『ラブライブ! School idol project』を知り、熱中。
突っ張り棒を使ったそのスタイルで真姫武装の頂点に君臨し「ラブライブ四天王」に数えられている。

●あさくら画廊(辻 修平)
東京芸術大学に3浪の末、失敗したことがきっかけで2000年より独自の絵を描き始める。館内外は全てショッキングピンクで統一され、そこをアトリエとして日々多様な作品を生み出し続けている。

●お好み焼き110 《夕食》
店主・伊藤保さんによる手書きの装飾と恐竜の名前のついたメニューで有名なお好み焼き店。
特に、張り子の技法を生かしてつくられた恐竜模型によるショーは、必見です。
※終了後は現地解散となります

<開催日時>
2017年11月3日(金・祝)9:30 〜 20:00

<スケジュール> 
09:30 受付 「京成小岩駅」改札口前集合  

09:40 出発 《徒歩》

10:00〜11:00 菅野武志さんの「似顔絵コインランドリー」

《電車》京成小岩→蔵前→新御徒町《徒歩》  
     
11:30〜13:00 給食当番 《昼食》
懐かしの学校の教室風の部屋で給食のフルコースをご賞味ください。

《電車》新御徒町→秋葉原《徒歩》
 
13:30〜14:30 武装ラブライバー(トゥッティ)

《電車》秋葉原→竹ノ塚《徒歩》
 
15:30〜17:00  あさくら画廊(辻 修平)

《電車》竹ノ塚→北千住→日暮里→赤土小学校前《徒歩》
 
18:00〜20:00 お好み焼き110 《夕食》
※終了後は現地解散

<参加費>
8,000円(昼夕食込み)

<詳細・申し込み>
https://eventon.jp/9162

(2017年10月11日時点の状況)