群馬、先制も逆転負けで降格圏内21位以下が確定…長崎は2位福岡との勝ち点差「1」に縮める《J2》

写真拡大 (全2枚)

▽明治安田生命J2リーグ第37節の5試合が、10月15日に各地で開催された。

▽ここまで19勝7分け10敗で3位につけるV・ファーレン長崎(勝ち点64)が、8勝4分け24敗で21位に沈むレノファ山口FC(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。試合は、降格圏内に沈む山口がチャンスを作る。26分、ボックス左外から小塚がクロスを供給。ボックス中央の岸田が左足で合わせるが、わずかにゴール左へと外れる。

▽自動昇格争いに絡む長崎も36分、飯尾が右サイドからクロスを入れると、GK村上が後逸。中央で待ち構えていたファンマが頭に当てるが、枠を捉えることができない。

▽ゴールレスで迎えた後半、ホームの山口が先制に成功する。64分、ボックス右手前でFKを獲得し、キッカーの小塚がクロスを選択。岸田のヘディングシュートはクロスバーに直撃したが、跳ね返ったボールをゴール前のレオナルド・ラモスがダイビングヘッドで押し込んだ。

▽しかし、自動昇格を目指す長崎がここから猛反撃。79分、中村からのパスをボックス左外で受けた翁長のクロスからゴール前中央の途中出場の吉岡が頭で合わせて1点を返す。さらに5分後、ボックス右手前から吉岡が左足でクロスを送る。これを途中出場の中村が頭で合わせると、ボールはゴール左へと吸い込まれた。

▽吉岡と中村の監督の起用に応える活躍で逆転に成功した長崎は、最後まで1点を守り切り試合終了。自動昇格圏である2位に位置するアビスパ福岡との勝ち点差を「1」に縮めた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽ここまで5勝4分け27敗で22位につけるザスパクサツ群馬(勝ち点19)が、16勝9分け11敗で7位につける東京ヴェルディ(勝ち点57)をホームに迎えた一戦。結果次第で降格圏内である21位以下が確定する可能性もある群馬だったが、序盤から東京Vが攻勢に出る。12分、オーバーラップした田村がクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ渡辺がシュートを放つが、GK清水にキャッチされてしまう。

▽攻勢を続ける東京Vは45分、ドウグラス・ヴィエイラのパスを受けた安西がDFをかわし、ボックス内でGK清水と一対一を迎えるが、シュートは枠を捉えることができない。

▽後半に入っても群馬を押し込む東京Vは61分、渡辺のパスを受けた田村がボックス右外からふわりとしたクロスを送る。ファーサイドのドウグラス・ヴィエイラが相手DFに競り勝って頭で合わせたが、わずかにゴール左へと外れた。

▽押し込まれる時間帯が続くも東京Vのシュートミスにも助けられここまで耐え抜く群馬。すると徐々にペースを引き寄せ始めて迎えた75分、右サイドの松下からのクロスをボックス左の山岸がボレーで合わせる。これはミートしなかったが、ボックス中央にこぼれたボールをカン・スイルが押し込んだ。

▽先制点を奪われた東京Vだったが82分、高木善のクロスに反応したドウグラス・ヴィエイラがDF一柳にボックス内で倒されてPKを獲得。これをドウグラス自ら冷静に沈めて試合を同点にする。さらに87分、右サイドの梶川のクロスをボックス内に走り込んだ内田が頭で押し込んだ。

▽後がなくなった群馬は、その後攻勢を強めたいもののカン・スイルが退いた攻撃陣に守りを固めた東京Vを崩す力は残っておらずそのまま試合終了。逆転勝利の東京Vは、PO圏内進出に大きな勝ち点3を獲得した。一方、群馬は降格圏内である21位以下が確定した。

▽その他の試合結果は以下の通り。

◆J2第37節

▽10/15(日)

V・ファーレン長崎 2-1 レノファ山口FC

名古屋グランパス 3-2 湘南ベルマーレ

FC町田ゼルビア 1-1 ツエーゲン金沢

愛媛FC 2-1 カマタマーレ讃岐

ザスパクサツ群馬 1-2東京ヴェルディ

▽10/14(土)

モンテディオ山形 2-0 横浜FC

水戸ホーリーホック 1-0 ファジアーノ岡山

大分トリニータ 1-1 アビスパ福岡

ジェフユナイテッド千葉 5-1 松本山雅FC

京都サンガF.C. 2-1 ロアッソ熊本

FC岐阜 0-2 徳島ヴォルティス