赤ちゃんミーアキャットを映した、ちょっと珍しい動画がネットで公開された。

シドニーの動物園で

オーストラリア・シドニーのシンバイオ野生動物公園で撮影されたその動画に映っているのは、8月31日に生まれた3匹のミーアキャットの赤ちゃん。

まだ名前がつけられていないが、父親はPenfold、母親はAyaという、動物園で人気のミーアキャット夫妻だ。

3匹の赤ちゃんは体重は約25グラムしかない。体長は8センチ。手のひらに入ってしまう大きさだ。

シインバイオ野生動物公園が10月5日に、3匹の動画をFacebookに投稿したところ、その愛らしさに魅了された人が続出。1日後には再生回数19万回を超え、2000以上シェアされた。

↑ 母親からいっときも目を離さずキョロキョロしている。

Symbio Wildlife Park/Facebook

↑ 体長8センチ。体重25グラム。

Symbio Wildlife Park/Facebook

↑ さすがミーアキャット、しっかり立つ!

12カ月かけて大人になっていく

ミーアキャットは群れで生活している。3匹はこれから12カ月かけて、群れで生きるルールを親から学び、大人になっていく。

「ミーアキャットの赤ちゃんは、群れで生きるうえで大切な行動パターンを、親の動きを真似して覚えます」と動物公園の広報担当者は言う。

まだ性別の判定がつかないこの3匹、ビデオを撮った日は初めて巣から這い出し、動物園の来客の前に現れて喝采を浴びたそうだ。

Symbio Wildlife Park/Facebook