「エッチは男性から誘うもの」と一般的には思いがち。そのため、気になる男性からのアプローチをただ待つだけの女性も多いはずです。

しかし、待っているだけでは、とうぜん何も発展しない可能性大。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで、気になる彼をベッドに誘うためのモテ台詞をご紹介しましょう。

 

■「今日かわいい下着履いているの」

男性には、女性の下着が見たいという強い欲求が存在します。そのため、このような言葉を耳にすることによって、想像が一気に掻き立てられてしまうのです。

それはやがてエッチがしたいという欲求までに。

「かわいい下着」という妄想から、彼は自らあなたをベッドへと誘い込もうとするでしょう。

 

■「ラブホテル行ったことがないの」

誘っていないようで、実は誘っているように思わせるセリフ。

男性としては、どうしてこんなことを自分に言ったのかと、限りなく妄想が膨らんでしまうでしょう。

「もしかして俺のこと誘っている?」「俺とエッチしたいのかな……?」

妄想を掻き立てられた彼は、きっとあなたのことをベッドに誘い込もうとするはず。

 

■「ぎゅーしてほしい」

単純に男性はこのセリフにキュンとしちゃいます。しかも、自然とエッチな気分にさせてしまうのもこの言葉の魅力。

もし、彼と同じ部屋に居るとするのなら、ベッドの上で「ぎゅーしてほしい」と伝えてみてください。

きっと、彼はあなたを可愛いと思うと同時にエッチな気分になるはずですよ。

 

■「したいなぁ」

遠回しに誘うことにわずらわしさを感じるのであれば、ストレートに伝えてみるのもありですよ。

なぜなら、男性はエッチをすることに対して、自分からのアプローチが必要と考えています。

そのため「したいなぁ」というストレートな言葉に、思わず興奮してしまうのですね。

男性が思い描く女性像からのギャップを見せて、彼をベッドに誘ってみましょう。

 

いかがでしたか? 女性からすれば、男性をベッドに誘うのはとても勇気がいることです。

でも、冒頭でもお伝えした通り、ただ待つだけではチャンスを見す見す逃すようなもの。

誘いたい気持ちは我慢せずに、今回ご紹介した内容をうまく活用し、ぜひ気になる彼をその気にさせてみましょう。(恋愛専門占い師・そら)

【画像】

※  VAKSMAN VOLODYMYR/shutterstock