女児出産の福原愛さん、高雄市内の病院を退院/台湾

写真拡大 (全2枚)

(高雄 15日 中央社)13日に第1子となる女児を出産した卓球選手の福原愛さんが15日午前、高雄市内の病院を退院した。病院の主治医が同日、明らかにした。母子共に健康だという。

福原さんは13日、高雄市内の病院で体重2995グラムの女児を出産。福原さんと夫の台湾人卓球選手、江宏傑さんがそれぞれコメントを発表した。同日夜、主治医が病院でメディアの取材に応じ、出産時の状況について説明。医師によると、福原さんは10日に陣痛を感じ、11日に入院。江さんの立ち会いの下、出産を無事に終えたという。

(程啓峰/編集:楊千慧)