侍ジャパン社会人代表でもプレーした鈴木博志投手【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

157キロ右腕、長身サブマリン、外国人級スラッガー…個性あふれる逸材たち

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公示していたプロ野球志望届の提出は12日で締め切られた。今年は高校生106人、大学生104人が提出。26日に行われるNPBのドラフト会議へ向け、早実・清宮幸太郎内野手の1位競合に大きな注目が集まっているが、ドラフト候補の中には“特殊能力”に秀でた一芸の逸材も多い。

 まず、投手で剛腕として挙がるのが、ヤマハの右腕・鈴木博志投手だ。最速は157キロという超剛腕。馬力という面では、今年のアマチュアNO1と言っていいだろう。磐田東から高卒3年目で、まだ20歳と若く、即戦力候補でありながら、伸びしろも感じさせる。「打高投低」と言われる今年のドラフト戦線で、本格派右腕を求める球団には打ってつけだろう。

 変則フォームでおもしろいのが、専大・高橋礼投手。187センチの長身ながら、右のアンダースロー。球速も130キロ台後半をマークすることもあり、一風変わった存在だ。実力も折り紙付きで2年夏には侍ジャパン大学日本代表に選出。西武・牧田のようにオンリーワンの存在として中継ぎで威力を発揮するかもしれない。

 野手に目を移して、パワーで目を引くのが、慶大・岩見雅紀外野手だ。東京六大学歴代3位の20本塁打を放ち、今秋はリーグ新の5試合連発を見舞った。まるでピンポン玉のようにボールを飛ばす規格外の右の大砲は、外国人助っ人顔負け。DHのあるパ・リーグで長打力不足な球団などにハマる可能性がある。

「バットコントロール」「俊足」「守備職人」で名前が挙がるのは?

 対照的にバットコントロールで評価が高いのが、国学院大・山崎剛内野手だろう。東都大学リーグで史上24人目の100安打を達成。首位打者を獲得した2年春から5季連続で打率3割超をマークしており、天性のバットコントロールはピカイチ。二塁を守る「戦国東都」の安打製造機は、評価も急上昇している。

 足で魅力的なのが、上武大・島田海吏外野手だ。中学時代は陸上100メートルで全国大会に出場したという韋駄天。強豪・上武大でも2年春からレギュラーを掴み、全国大会に出場。今夏はユニバーシアードの侍ジャパン大学日本代表で優勝に貢献した。俊足好打の外野手として価値は高い。

 最後に挙げるのは、守備職人として名高いトヨタ自動車・藤岡裕大内野手。社会人NO1遊撃手と評判で、今季大ブレイクした西武・源田の後継ショートとしてチームを引っ張っている。猛練習で知られる亜大時代には投手としても140キロ以上投げられるという強肩を誇っていた。正遊撃手候補を求める球団なら、手を伸ばしたいだろう。

 去年のドラフトでは楽天ドラフト9位指名された楽天・高梨雄平投手が変則サイド左腕として指名されると、主に左キラーとして勝ちパターンの継投に加入。新人王クラスの活躍を見せたように、一芸によってチームを救える存在になれる。果たして、そんな才能をスカウトは見抜けるか。ドラフト会議まで、慎重に指名を検討していく。