トヨタは10月25日に開幕する第45回東京モーターショーにて、フルモデルチェンジを受けて3代目となる新型「センチュリー」を初公開する。

新型センチュリーはトヨタ・ブランドの最高級車として、「匠の技」「高品質のモノづくり」を伝承しつつ、市場ニーズの高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現、センチュリーのヘリテージを継承しつつも新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置き、開発が進められてきた。コンセプトは「継承と進化」。日本を代表するショーファーカーにふさわしい風格が表現されている。

従来型までは、国産車で唯一搭載されていた自然吸気V12エンジンに代えて、新型には5リッターV8エンジンを組み合わせるハイブリッドパワートレインが採用された点が大きな特徴だ。

ボディサイズは全長5335×全幅1930×全高1505mm、ホイールベースは3090mm。先代より拡大されたボディは、伸びやかで重厚感あふれるスタイルを創出している。LEDを使用したヘッドライトなどに新しさを感じさせつつも、ひと目でセンチュリーとわかるデザインテイストは従来型と変わらない。

後席空間に折り上げ天井様式を採用するとともに、伝統的な柄を施すことで最高級車にふさわしい設え。リアシートは無段階に調整可能な電動オットマンやアジャスタブルシートを採用し、優れた居住性を追求している。

一方、トヨタ先進の衝突回避支援システムである「トヨタ・セーフティセンスP」が搭載され、盤石の安全性能が与えられた。