数的不利の川崎が5分間の大逆転劇…G大阪下した新潟が5月以来の白星/J1第29節

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第29節が14日から15日にかけて各地で行なわれた。

 首位の鹿島アントラーズは金崎夢生を出場停止で欠いたものの、土居聖真と鈴木優磨の得点でサンフレッチェ広島を相手に完封勝利を挙げた。2位川崎フロンターレは前半のうちに10人となる厳しい展開も、試合終了間際の猛攻が実り5分間で一挙3得点。ベガルタ仙台を下し、2連勝とした。

 ここまで上位に付ける柏レイソルは北海道コンサドーレ札幌に敗戦。横浜F・マリノスもドローと勝ち点を伸ばせず。セレッソ大阪は4試合ぶりの勝利、ジュビロ磐田も清水エスパルスとの“静岡ダービー”を制し、勝ち点差を縮めている。

 今節にも降格の可能性があったアルビレックス新潟が5月以来の白星。2連勝中のヴァンフォーレ甲府はFC東京とドローに終わった。

 今節の結果は以下の通り。

■J1第29節結果(10月14日、15日)
▼14日
北海道コンサドーレ札幌 3−0 柏レイソル
横浜F・マリノス 1−1 大宮アルディージャ
清水エスパルス 0−3 ジュビロ磐田
ガンバ大阪 0−1 アルビレックス新潟
鹿島アントラーズ 2−0 サンフレッチェ広島
川崎フロンターレ 3−2 ベガルタ仙台
浦和レッズ 1−1 ヴィッセル神戸
▼15日
ヴァンフォーレ甲府 1−1 FC東京
サガン鳥栖 1−2 セレッソ大阪

■J1順位表
1位 鹿島(勝ち点64/得失点差+21)
2位 川崎(勝ち点59/得失点差+29)
3位 柏(勝ち点53/得失点差+14)
4位 横浜FM(勝ち点52/得失点差+11)
5位 C大阪(勝ち点51/得失点差+15)
6位 磐田(勝ち50/得失点差+18)
7位 浦和(勝ち点45/得失点差+12)
8位 神戸(勝ち点41/得失点差0)
9位 鳥栖(勝ち点41/得失点差−1)
10位 G大阪(勝ち点40/得失点差+9)
11位 FC東京(勝ち点38/得失点差−2)
12位 仙台(勝ち点35/得失点差−11)
13位 札幌(勝ち点31/得失点差−12)
14位 清水(勝ち点29/得失点差−17)
15位 甲府(勝ち点28/得失点差−13)
16位 広島(勝ち点27/得失点差−14)
17位 大宮(勝ち点23/得失点差−23)
18位 新潟(勝ち点15/得失点差−36)

■J1第30節対戦カード(21日、22日)
▼21日
14:00 仙台 vs 清水
14:00 大宮 vs 柏
14:00 C大阪 vs 甲府
14:00 神戸 vs 鳥栖
14:00 広島 vs 川崎
15:00 磐田 vs 新潟
16:00 FC東京 vs 札幌
19:00 横浜FM vs 鹿島
▼22日
17:00 浦和 vs G大阪