高橋勝成が嬉しい10年ぶりV(提供:大会事務局)

写真拡大

<第5回トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント 最終日◇15日◇佐世保カントリー倶楽部>
長崎県にある佐世保カントリー倶楽部を舞台に行われた「第5回トラストグループカップ 佐世保シニアオープン」最終日はラウンド途中で風雨が強まって中断後、回復の見込みがないためキャンセルになり、18ホール短縮競技として成立。4アンダーで単独首位発進を決めていた67歳の高橋勝成が10年ぶりのシニアツアー13勝目を飾った。
【スイング連続写真】シニアデビューから4年連続賞金王、高橋勝成のドライバーショット
1打差の2位タイには井戸木鴻樹、渡辺司。2打差・2アンダーの4位には戦うPGA会長・倉本昌弘。イーブンパーの5位タイには池内信治、清水洋一、久保勝美、田村尚之の4人が続いた。
その他、ツアールーキーの川岸良兼は4オーバー・29位。また、賞金ランクトップ3のプラヤド・マークセン(タイ)、米山剛、室田淳の3人は揃って欠場している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

佐世保シニアオープン リーダーボード
マークセンはこちらに出場!米国男子ツアー最終日のリーダーボード
2017年の日本オープンで優勝争い、新星・金谷拓実のプロフィール
ジャンボ尾崎、人生2度目のエージシュート達成!「男子ツアーに明るい話題を提供できてよかった」
片山晃の新レッスン「50歳でなぜ250ヤード飛ばない?」