年に一度のF1日本GPが終わり、燃え付き症候群になっている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

楽しかった思い出は、何度も見返したくなりますよね。そんな時にオススメなのが10月12日(木)発売の「F1速報日本GP号」です。今号の見所と一緒に、日本GPを振り返ってみましょう!

今シーズンでマクラーレンとの提携を終え、来シーズンからトロロッソとタッグを組むことになったホンダ。本誌では、なぜマクラーレンと上手くいかなかったのか、そしてトロロッソとの未来について徹底分析! 誰もが気になっていたことが赤裸々に綴られています。

■ホンダF1の進む道

日本GPの金曜日、ホンダは日本メディア向けに提携解消の発表以来初めてのミーティングを開催。ホンダF1を統括するふたりのリーダーが語ったマクラーレンとの3年間とは…?

マクラーレンとの関係性についてホンダ山本雅史モータースポーツ部長は以下のように語っています。

「マクラーレンとホンダが一緒にやれば、いきなりいいところにいけるはずだと、そんな印象が先行してしまった。それぐらい、かつてのマクラーレン・ホンダの印象は強烈でした。ファンだけでなく、当事者の我々もそう思い込んでしまいましたから。実際にお互いをリスペクトし合って始まったわけですが、結果的にいいかたちで交じり合えなかったですね」

さらに続けます。

「お互いがお互いの仕事をちゃんとやれば、それでうまくいくと、そう思ってた節がある。もちろんそれぞれの担当者レベルでの話し合いはしていた。しかしお互いが深く入り込んでやっていたかというと、そうではなかった」

来季からのトロロッソ・ホンダでは「この3年間の反省を活かしたい」と語る山本部長。

「失敗を繰り返さないためには、とにかくコミュニケーションを密にしなきゃいけない。トロロッソはコンパクトな組織ですから、フランツ・トスト代表とテクニカルディレクターのジェームス・キーに話せば、すべてのことが決まる。すでに機会あるごとに話し合いを重ねています」

■加速する新パートナーシップ

そして最も気になるのが、来シーズンのドライバーラインアップ。こちらのコンテンツでは来シーズンのドライバーについても記載されているのですが、ちょっと意外なドライバーの名前が挙がってきました。

「マレーシアGPでは、ピエール・ガスリーにトロロッソをドライブする機会が与えられた。これは彼が来季のレースドライバーに起用される兆しと見てもいいだろう。そして、もう1台にはガスリーにシートを譲ったダニール・クビアトが彼のチームメイトとして復帰する可能性が高い。レッドブル傘下のドライバーで、すぐにF1に乗れそうな者はほかにはいないからだ。ただし、一部にはトロロッソがセバスチャン・ブエミを呼び戻すとの観測もある。彼にはトヨタのWECチームの一員として、日本のマニュファクチャラーと仕事をした経験があるというのがその根拠だ」

この他にもトロロッソテクニカルディレクター、ジェームス・キーが明かす来季の開発体制やホンダへの期待、提携発表後のF1パドックの反応、スーパーフォーミュラ関係者が語るガスリーについてなど、読み応えのあるホンダ特集は絶対に見逃せません!

■FROM THE PADDOCK UPDATED

グランプリ中の様々な裏話を知ることができる「FROM THE PADDOCK UPDATED」。中でも興味深かったのが、安部首相がオバマ前大統領を連れて食したことでも有名な銀座「すきやばし次郎」話でした。

昨年の日本GP前に同店に訪れようとしたダニエル・リカルドは、1年前から予約が埋まっているとのことで、入店することができませんでした。そして今年の日本GP前、リカルドはついに憧れの「すきやばし次郎」に来店。実はこのリカルドの夢を叶えてくれたのが、同じマンションに住む仲良しのフェリペ・マッサだったそうなのです!

「マッサによれば、『日本にいる僕の友人が予約してくれた』という。30分間、出された寿司を黙々と食べ続けたというリカルド。『いままで食べたことがないものばかりだった!!』と驚いていた」

マッサがリカルドのために予約を頼んだとは、本当に仲良しなのですね。なんだか心がほっこりしました。陽気なリカルドがお寿司を黙々と食べている姿、見たかったー!

また、日本ならではのおもてなしエピソードもありました。

「ホンダの鈴鹿工場の隣にあるショッピングセンター内のスーパーマーケットでは、F1関係者用のレジまで用意されている。空港の入国審査やサーキットへの道路にF1関係者専用レーンがあることは珍しくないが、スーパーに専用レジというのは、世界広しといえど、鈴鹿しかない」

この他にもランス・ストロールのお金持ちお坊ちゃまエピソードや、個性派オリジナルグッズの紹介など、面白い裏話がたくさんありましたよ。

■花よりF1!! Special!!

今号の「花よりF1!!」は日本GPウィークの様子を4ページの拡大版でお届け! 火曜日に行われたレッドブル記者会見では、リカルドにシューイ自粛の理由を直撃してきました。

ドライバー達のかっこいい写真もたっぷり掲載されているので、ぜひご覧下さい☆

日本GPに行った方はもちろん、そうでない方も楽しめる「F1速報日本GP号」は書店、三栄書房オンライン通販にて好評発売中です!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/

陽気なダニエル・リカルドが憧れの店で30分間やり続けたこととは?【F1速報×F1女子〜日本GP号〜】(http://clicccar.com/2017/10/15/518761/)