「この街の想いを乗せて 突き進め新潟 未来切り拓け どこまでも」

 スタジアムのゴール裏には手書きの横断幕が掲げられていた。J1残留は絶望的状況だが、可能性がないわけではない。崖っぷちでも奇跡を信じる力は、チームに伝播していたのだろう。

 後がない状況で、アルビレックス新潟はかろうじて生き延びた。5月以来の勝利だった。しかし残り5試合、引き分けすら危うい状況は変わらない。

「ここからは負けたら終わり。トーナメントを戦うつもりで」

 決勝点を決めた小川佳純は言った。はたして新潟は未来を切り拓けるのか?


ガンバ大阪戦でゴールを決めた小川佳純に駆け寄る新潟の選手たち

 10月14日、吹田スタジアムは曇り空だった。J1第29節、最下位にあえぐ新潟はガンバ大阪の本拠地で残留に向けた正念場を戦っている。他会場の結果次第で、引き分けでもJ2降格が決定。ホームで戦うガンバの力量を考えれば、絶体絶命だった。

 ところが、試合は意外にもアウェーの新潟がイニシアチブを握る。

「そこまで力の差がない相手(同士)ということ。決定的シーンも相手の方が多かった」(ガンバ・東口順昭)

 前半、ガンバは敵陣までまともにボールを持ち込めない。後ろが重く、ボランチの遠藤保仁や井手口陽介までが後方からパスをさばくプレーに終始。1本のパスで崩そうとする”気怠(けだる)さ”が見え隠れし、エンジンがかからない。

「カウンターだけではない攻撃が見せられたと思う」(新潟・小川)

 一方の新潟は、左サイドを中心に果敢な攻撃を展開した。山崎亮平がサイドでボールを呼び込むと、小気味よいドリブルとパスで主導権を握る。起点ができたことによって、河田篤秀も左に流れ、ホニが積極的に裏へ走り、コンビネーションで脅威を与えると、再三再四、GK東口を襲った。

 もっとも新潟は、チャンスをフイにするたび、プレーがズレ始めていた。「負けられない」というストレスを受け、強度の高い練習をしてきた選手の動きは、必然的に鈍り始める。勝負はどちらに転んでもおかしくはなかった。

 お互いにミスが多くなり始めた後半22分。直前のピンチをしのいだ新潟は、右サイドを連係で崩して抜けたホニがクロスを折り返し、クリアがこぼれる。これをエリア内につめていた小川が押し込んだ。

「得点はトレーニングしていた形でしたが、今日は全体での守備が勝利につながりましたね」(新潟・ホニ)

 今シーズンの新潟は、立ち上がりは強度の高いプレーで相手を押し込んでいる。しかし、突如として守備が乱れる機会がしばしば見られる。戦術的練度が低いが故だが、自ら流れを失う機会が少なくなかった。

 しかしこの日は、バックラインが踏みとどまり、カウンターを潰す守備でも集中を切らしていない。日本代表を多く擁する強敵を相手にしても怯(ひる)まなかった。各選手が自分たちの仕事を忠実にこなしていた。

「残留争いをしているから戦える、優勝がなくなったから戦えない、というのはプロとしてありえない。ルヴァンカップで敗退が決まって(タイトルがなくなり)、代表から帰ってきて……。あらためて、所属クラブの大切さを考えるべきだろう」(ガンバ・長谷川健太監督)

 ガンバ陣営が手を抜いていたということはない。しかし、プレーはちぐはぐだった。ファン・ウィジョは前線で空回りを続け、井手口はハリルホジッチの影響か、無鉄砲なミドルを打ち、オ・ジェソクも守りで後手を踏んでいた。

 新潟はモチベーションの高さで上回り、ガンバの出来の悪さを見逃さなかった。拮抗したチーム同士の戦いとなるJリーグ。16試合も勝ち星がなかったわけだが、彼らにしても紙一重の差で負けていたのだろう。

 しかし、残留見込みは相変わらず「奇跡」のままだ。率直に言って、チーム戦術が劇的に改善されたわけではない。練度が低いことによって判断に迷いが出て、例えば自陣での目を覆うようなミスパスも生まれやすく、この日はガンバの拙守拙攻に助けられた部分もある。

「今日と同じように相手の強いところを消し、自分たちはやれると信じてやれば、もっと勝てる」(新潟・呂比須ワグナー監督)

 崖の上に立つ新潟は、ひとつひとつの試合を勝ち抜くしか活路はない。自らの意志での前への一歩が未来につながる。

「この先(残り5試合)は、とにかくぶれないこと。(ベテラン選手として)伝えられることは全て伝えたいですね。周りに流されず、自分に矢印を向けられる選手は強い。今日のホニもそうですが、成功体験を得られたら、若い選手はもっとプレーはよくなるはず。なかなか勝ち切れなかった中、ようやく勝てた、というのは成長の証とも言えるので、自分たちを信じてやるだけです」(新潟・富澤清太郎)

 10月21日、新潟は再び敵地に乗り込み、ジュビロ磐田と命運をかけて戦う。


■Jリーグ 記事一覧>>