ピーター・ウタカの退場もFC東京が同点に追いついた

写真拡大

[10.15 J1第29節 甲府 1-1 FC東京 中銀スタ]

 ヴァンフォーレ甲府とFC東京の一戦は、1-1で引き分けに終わった。甲府は3連勝とはならず、FC東京は3試合白星なし(2分1敗)とした。

 入りが良かったのはFC東京だった。前半14分、右サイドからMF室屋成が上げたクロスをFW永井謙佑がヘッドで落とし、FWユ・インスがバイシクルシュート。20分には、自陣からのMF高萩洋次郎のロングフィードを永井が胸トラップで反転し、PA内で左足を振り抜くも、先制点を奪うことはできなかった。

 劣勢だった甲府だが、ワンチャンスをモノにして先制する。前半23分、右サイド中央でFKを獲得し、DF島川俊郎がゴール前に蹴り込む。これをFWリンスが打点の高いヘディングシュートを右隅に決め、スコアを動かした。

 1点ビハインドとなったFC東京は、前半44分にFWピーター・ウタカがMF田中佑昌へのファウルで一発レッド。数的不利に陥った。後半開始からはDF徳永悠平に代え、FW前田遼一を投入。15分にはMF橋本拳人を入れて攻勢を強めると、直後に同点に追いついた。

 後半15分、左サイド中央で獲得したFKからMF太田宏介が左足で高精度のクロスを供給。フリーで飛び込んだDF丸山祐市がヘッドで合わせ、1人少ないFC東京が試合を振り出しに戻した。

 その後は一進一退の攻防が続いたが、数的優位に立つ甲府が勝ち越しゴールを決めることができず、1-1のままタイムアップ。降格圏内16位・広島と勝ち点2差とした。一方、FC東京はカップ戦、J2も含めて14勝5分1敗と得意としている相手から勝ち点3を奪うことはできなかった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第29節2日目 スコア速報