吉岡徳仁のガラス作品にフォーカスした「光とガラス」展が開催

写真拡大

 デザイナーやアーティストとして活動する吉岡徳仁による展覧会「吉岡徳仁 光とガラス」が、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3で開催される。会期は11月2日から13日まで。
 吉岡徳仁は、人間のあらゆる感覚を光などの非物質的な要素で形象化し、独自の表現を追求してきた。今回の展覧会では、光を表現する最も近い素材として着目してきたガラスにフォーカス。代表作であるガラスのベンチ「Water Block」をはじめ、建築のプロジェクト「ガラスの茶室 - 光庵」と「虹の教会 - Rainbow Church」の映像を展示するほか、新作ではガラスの塊から生み出された「ガラスの時計」や、Dom Pérignon Art Projectで発表した「Prism」、虹の建築の模型なども公開される。